現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 茅ヶ崎市文化資料館 > 文化資料館通信 > 文化資料館通信 2016 > 2016年5月28日 旧馬入川橋梁のレンガ積み橋脚の一部を設置


ここから本文です。

2016年5月28日 旧馬入川橋梁のレンガ積み橋脚の一部を設置

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1018699  更新日  平成28年6月14日

旧馬入川橋梁に使われていたレンガ積み橋脚の一部を設置しました。

文化資料館入口に向かう坂道の左側(日時計の隣)にあります。

 

関東大震災時に倒れ、地中に埋もれていたもので、JR東日本の鉄橋耐震補強工事で基礎部を掘下げた際に土砂から発見されました。

橋脚の一部は、奥行約60cm、横幅約90cm、高さ約40cmです。

橋脚自体は、長さ約4m、幅1.8~2.2mでした。

 

旧馬入川橋梁などに関する解説パネルも設置しています。

ご来館の際には、ぜひご覧ください。

旧馬入川橋梁のレンガ積み橋脚(一部)
旧馬入川橋梁のレンガ積み橋脚の一部

添付ファイル

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化資料館
〒253-0055 茅ヶ崎市中海岸二丁目2番18号
電話:0467-85-1733 ファクス:0467-85-1733
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る