現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 茅ヶ崎市文化資料館 > 文化資料館通信 > 文化資料館通信 2010 > 10月 > 2010年10月20日 文化資料館にタヌキ出現!


ここから本文です。

2010年10月20日 文化資料館にタヌキ出現!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1005890  更新日  平成26年10月20日

2010年10月20日(水曜日)の16時40分ごろ、文化資料館の敷地内でタヌキ(イヌ科)が観察されました。

タヌキ(ホンドタヌキ)の特徴である、ずんぐりとした体系、尾が太く、また足も短いのが観察できました。冬ごもりに向けてか、かなりずんぐりとしていました。

野生のタヌキの生息場所は、水辺の森林の中や草が生い茂った林が主たる場所ですが、警戒心が薄いため、人間の生活圏(お寺や神社、蔵など)でも古くからくらしてきた、日本の野生生物のなかで、もっとも人間とのつきあいが古いものの一つです。

ここ数年、駅南側の東海岸、中海岸で多くの目撃情報が寄せられています。ただ、タヌキも野生動物ですので餌付けをすることは、特定の場所で増え、床下に住み着いたり、庭にフンや尿をする、農作物を荒らすといったトラブルの原因となりますので、ご注意ください。

また、野生動物は、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)により保護されています。そのため、許可なく捕獲することはできません。どうしても被害がやまず捕獲が必要な場合は、捕獲許可申請をし、許可されれば捕獲することが出来ます。被害内容、被害時期等を確認の上環境保全課へご相談ください。

イヌ科タヌキ(ホンドタヌキ)

*フラッシュ撮影したため、タヌキの目が光ってしまいました。


この後すぐ姿を消してしまいました

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化資料館
〒253-0055 茅ヶ崎市中海岸二丁目2番18号
電話:0467-85-1733 ファクス:0467-85-1733
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る