現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > (仮称)茅ヶ崎市歴史文化交流館整備事業 > 茅ヶ崎市文化資料館整備基本計画 > 文化資料館整備基本計画の検討体制について


ここから本文です。

文化資料館整備基本計画の検討体制について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1006141  更新日  平成29年6月10日

 市から検討課題を示し、アドバイザー(有識者)や市民の意見を取り入れながら検討を進めます。

 検討案を茅ヶ崎市文化財保護審議会へ順次提示し、段階的に案を固めていきます。

 市教育委員会、市議会へ随時状況を報告し、情報の共有を図ります。

 平成27年度中の策定を目標に、協議・検討を進めています。

 

○ 新文化資料館整備のコンセプトと主な整備方針

1.主な整備のコンセプト

 「市民参加による資料館活動の継承と発展」

 

2.主な整備方針

ア 市民の参加・交流及び体験学習の拠点となる設備とスペース

イ 資料館で活動する人々の姿が大岡越前通りからも視認できる建物の配置や設えによる、社会教育活動への興味関心の喚起と参加への促し

ウ 堤地区の立地条件を生かし、資料館と民俗資料館(旧和田家・旧三橋家)の一体的な管理と活用、周辺の自然や文化財を活用した文化・教育のネットワークの形成

エ 他市町村の博物館との連携など

 

文化資料館整備基本計画の検討体制

新しい資料館の整備事業地

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化資料館
〒253-0055 茅ヶ崎市中海岸二丁目2番18号
電話:0467-85-1733 ファクス:0467-85-1733
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る