現在の位置:  トップページ > くらし > 障害のあるかた > 税の控除・減免と公共料金の割引 > 相続税の障害者控除


ここから本文です。

相続税の障害者控除

ページ番号 C1004370  更新日  平成26年10月20日

対象

心身障害者が相続により財産を取得する場合

内容

障害者控除

  1. 3級から6級の身体障害者手帳を持っているかた
  2. 障害者更生相談所・児童相談所等で知的障害の判定を受けたかた(療育手帳B1・B2)
  3. 2級・3級の精神障害者保健福祉手帳を持っているかた

 70歳に達するまでの年数に6万円を乗じた金額が相続税額から控除されます

特別障害者控除

  1. 1級・2級の身体障害者手帳を持っているかた
  2. 障害者更生相談所・児童相談所等で重度の知的障害の判定を受けたかた(療育手帳A1・A2)
  3. 1級の精神障害者保健福祉手帳を持っているかた

 70歳に達するまでの年数に12万円を乗じた金額が相続税額から控除されます

 

(注)控除不足額がある場合は、その控除不足額は適用を受ける障害者の扶養義務者の相続税額から控除されます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 障害福祉推進担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る