現在の位置:  トップページ > くらし > 障害のあるかた > 自立を支援するサービス > 地域生活支援事業


ここから本文です。

地域生活支援事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1004342  更新日  平成30年9月22日

茅ヶ崎市では、地域生活支援事業として、次の事業を実施していきます。

相談支援事業

  障害のある方、障害のある方の保護者又は障害のある方の介護を行う方等からの相談に応じ、必要な情報提供等の便宜供与することにより、障害のある方が自立した社会生活を営むことができるようにすることを目的とします。  

  • 相談支援事業(福祉サービスの利用援助、社会資源の活用、権利擁護のために必要な援助等)
  • 自発的活動支援事業(ピアサポート、災害対策、社会活動(本人活動)支援等)

意思疎通支援事業

    聴覚、言語機能、音声機能、視覚その他の障害のため、意思疎通を図ることに支障がある障害のある方に、手話通訳者等の方法により、障害のある方とその他の意思疎通を仲介する手話通訳者等の派遣等を行い、意思疎通の円滑化を図ることを目的とします。

  • 手話通訳者派遣
  • 要約筆記者派遣
  • 手話通訳者設置

日常生活用具給付等事業

 障害のある方に対し、自立生活支援用具等の日常生活用具を給付又は貸与すること等により、日常生活の便宜を図り、その福祉の増進に資することを目的とします。

移動支援事業

 屋外での移動が困難な障害のある方について、外出のための支援を行うことにより、地域における自立生活及び社会参加を促すことを目的とします。詳細は、下記「移動支援のしおり」「移動支援事業Q&A」をご参照ください。

日中一時支援事業

 障害のある方の日中における活動の場の確保とともに、家族の就労支援と一時的な休息を目的に、日中、障害福祉サービス事業者や障害者支援施設において、見守りや集団生活に適応するための訓練等の支援を行うものです。詳細は、下記「日中一時支援事業のしおり」をご参照ください。

成年後見制度利用支援事業

 障害のある方が成年後見制度を利用するにあたり、必要となる費用・報酬等を負担することが困難である方に対し、当該費用の全部または一部を助成します。

地域活動支援センター

 地域の実情に応じ、創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流の促進等の便宜を供与する地域活動支援センターの機能を充実強化し、もって障害者等の地域生活支援の促進を図ることを目的とします。

安心生活支援事業

 障害のある方が、住み慣れた地域で安心して生活できることを目的に、緊急一時的な宿泊や体験的宿泊を行えるよう、市内の事業所において宿泊の支援を行うものです。

その他の事業

●身体障害者訪問入浴サービス事業

●手話通訳者・要約筆記者の派遣

●手話通訳者窓口の設置

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 障害者支援担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る