現在の位置:  トップページ > くらし > 障害のあるかた > 災害時要援護者支援制度


ここから本文です。

災害時要援護者支援制度

ページ番号 C1004295  更新日  平成26年10月20日

重度の障害者やひとり暮らしの高齢者など、日常生活の中で手助けを必要とする人に対して、災害時などに地域の中で支援を受けられるようにする制度です。

対 象

  1. 肢体不自由(1級・2級)、視覚障害(1級・2級)、聴覚障害(2級)の身体障害者手帳を持つ在宅の障害者
  2. 療育手帳(A1・A2)を持つ在宅の知的障害者
  3. 日常生活に注意を要するひとり暮らし、または日中ひとりになる高齢者など
  4. 要介護3から5の在宅の高齢者
  5. その他支援が必要と思われる人(日常は、家族やサービス利用により介護を受けているが、緊急時や災害時には支援が必要な人)

制度のポイント

  1. 制度を利用したい人(要援護者)は、事前に登録をします。
  2. 要援護者には、「支援のために必要な個人情報を地域支援者に提供すること」に同意していただきます。
  3.  ご近所の人などで支援してくれる人(地域支援者)を決めて、登録台帳に載せることの同意を得ます。 
  4. 地域支援者は、要援護者への日常の声掛けや、いざという時の安否確認、避難の手助けをお願いします。ただし、できる範囲での支援であり、責任をともなうものではありません。

申請方法

  1. 「災害時要援護者登録申請書」に必要事項を記入して、市役所障害福祉課または高齢福祉介護課に提出してください。
    登録用紙は、下記よりダウンロードできます。
  2. 申請者には、後日、登録台帳の写しと制度についてのマニュアルをお送りします。
  3.  登録台帳の写しは、地域支援者とお住まいの地域の自治会・自主防災組織、民生委員児童委員に提供します。

その他

パンフレットは、下記よりダウンロードできます。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 障害福祉推進担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る