現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 市民活動 > 協働推進事業 > 協働のガイドライン


ここから本文です。

協働のガイドライン

ページ番号 C1007726  更新日  平成29年8月10日

協働のガイドライン

 茅ヶ崎市では、平成17年4月の茅ヶ崎市市民活動推進条例の施行後、市長の附属機関として公募市民や団体・事業者の代表者等で構成される市民活動推進委員会を設置し、市民活動げんき基金助成事業や協働推進事業の制度設計、実施等、市民活動の推進に取り組んできました。

 平成23年3月には、「市、市民活動を行うもの、市民及び事業者が共通する目的の実現に向けて、それぞれの果たすべき役割と責任を理解し、互いの特性を生かして協力し行動する(市民活動推進条例第2条)」協働をまちづくりに生かすため、協働の基本的な考え方に加えて、目指すべき方向性を示した、「協働のガイドライン」を作成しました。

 こうした取組の結果、平成26年度末までに105事業、1,800万円を超える市民活動げんき基金補助事業を通じて市民活動団体等を支援するととともに、市民活動団体等と市の協働推進事業を63事業実施することで、市民活動の活性化を図り、協働による活力あふれる地域社会の実現を目指してきました。今回、これまで協働推進事業を実施する中で明らかになった、制度運営上の課題を振り返り、「協働のガイドライン」改訂版を作成しました。

  • 全編16ページで構成。「策定の趣旨」「第1編 協働に関する基本的な考え方」「第2編 協働事業の進め方」「第3編 協働まちづくりを推進していくために(新しい提案型協働事業の実施」で構成。
    見やすさ、読みやすさに配慮して写真・グラフ・図などを多用しています。
  • これまでの協働施策での取り組みを踏まえて、「協働に関する基本的な考え方」「協働事業の進め方」「目指すべき方向性」をまとめた「手引き」あるいは「パンフレット」的な協働の啓発図書。

(注釈)本ページの内容は、協働のガイドラインを策定した平成26年度末の状況で記載しています。


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民自治推進課 協働推進担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る