現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 市民活動 > 公民連携の推進 > 公民連携(PPP)事業手法優先的検討ガイドライン


ここから本文です。

公民連携(PPP)事業手法優先的検討ガイドライン

ページ番号 C1023179  更新日  平成29年4月13日

「公民連携(PPP)事業手法優先的検討ガイドライン」を策定しました(平成29年1月)

茅ヶ崎市では、平成24年2月に「公民連携推進のための基本的な考え方」を策定し、市民サービスの質・量の充実を図っているところですが、今後、PFI手法も含めた民間活力をさらに取り入れた事業手法の積極的な検討と適切な活用を図るため、公共施設等の整備等にあたり、従来型手法(市の直営実施)に優先して公民連携(PPP)手法を検討することとし、平成29年1月にガイドラインを策定しました。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 行政改革推進室 行政改革推進担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る