現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 選挙 > 選挙出前授業


ここから本文です。

選挙出前授業

ページ番号 C1016645  更新日  平成29年5月1日

選挙出前授業 実施中!

選挙出前授業のお知らせ

 茅ヶ崎市選挙管理委員会では、将来の有権者である市内在学の児童・生徒を対象に、授業等において選挙の意義や重要性などの理解を深めていただくことを目的に「選挙出前授業」を実施しています。
 各学校のニーズ・授業時間に合わせた形で実施いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
 実際の選挙で使う投票箱や機械を持ち込んで、選挙管理委員会職員がお話をします。
 
 また、出前授業のほか、投票箱記載台など「実際の選挙の時に使われる器材」の貸し出しを行っています。
 生徒会選挙や社会科の授業などでご利用ください。

 【出前授業実施例】
   ・1コマの場合 講義(パワーポイントを使って選挙に関するクイズ等を交えて行う講義型授業)
   ・2コマの場合 講義+模擬選挙(架空の選挙で投票及び開票を行う体験型授業)

(注)選挙の前後1ヶ月間は対応することができかねますので、あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

茅ケ崎北陵高等学校で「模擬選挙」を実施しました!

 平成29年4月20日(木曜日)に茅ケ崎北陵高等学校の3年生276名を対象として模擬選挙を実施しました。今回は、1月に選挙の仕組み等に関する講義をすでに受講した生徒だったため、実際の選挙で使用する記載台や投票箱を使用することにより、選挙を身近に感じ、かつ理解を深めていただくことが目的でした。
 模擬選挙では、架空の市長候補者の3人について選挙公報を作成し、生徒一人ひとりが公約を参考にして、どの候補者に投票するかを自ら考えていただきました。
 投開票の係は、先生や生徒に担当してもらいました。多くの生徒から投票用紙自動交付機や投票用紙計数機への関心が高く、操作してみたいという声がありました。
 また、開票作業の時間を使って『投票の効力』についてのクイズを実施し、生徒から大好評でした。
 先生方からも生徒たちが実際の選挙前に体験することができて良かったという声をいただきました。
(注)投票の効力…投票用紙に記入された候補者氏名が有効か無効かのこと。

 

北陵模擬選挙

北陵模擬選挙

北陵模擬選挙

北陵模擬選挙

北陵模擬選挙

北陵模擬選挙

茅ケ崎高校で選挙出前授業を実施しました。

 平成29年3月21日(火曜日)に神奈川県立茅ケ崎高等学校の2年生355人に選挙出前授業を実施しました。
同校では平成28年の参議院選挙前の3月に現3年生を対象に「出前授業」を行っており、2年連続の実施となります。
 若年層の投票率の低さを知ってもらい、選挙に行かないと若い世代の意見が取り入れられなくなってしまうなど、一票の大切さについても考えてもらうとともに、クイズを交えながら、いつから投票できるのか、初めての選挙はいつ頃になりそうか等を知っていただきました。
 その他にも、学生にとって身近なSNSを使った選挙運動の注意点についても理解を深めてもらいました。

出前授業写真1

出前授業写真2

茅ヶ崎市内の中学校12校で選挙出前授業を実施しました。

 茅ヶ崎市選挙管理委員会では茅ヶ崎市内の中学校12校で3年生を対象に選挙出前授業を実施しました。
 この取り組みは、選挙に対する興味や関心を高めてもらうことを目的としています。
 平成28年は選挙権年齢が引き下げられて、主権者教育が注目された年でありましたが、継続的な選挙啓発となるように、今後も積極的に実施していきます。

 ・対象 茅ヶ崎市立中学校 12校 3年生 53クラス 1889人
 ・期間 平成29年2月20日から3月6日
 ・場所 各学校
 ・内容 講義:初めての選挙を迎える前に知っておくべきポイントとして、選挙の仕組みや投票参加の意義、投票方法などを説明
     模擬選挙:架空の「未来茅ヶ崎市長選挙」を実施し、投票と開票を体験してもらい、出前授業で学んだ内容の理解をさらに深めてもらう
     (注)模擬選挙は12校中5校で実施

 授業後に実施したアンケートでは、90%以上の生徒が「18歳になったら選挙に行くorたぶん行く」と回答してくれました。
 

中学校出前授業アンケート結果1

中学校出前授業アンケート結果2

中学校出前授業写真1

中学校出前授業アンケート結果2

中学校出前授業アンケート結果3

中学校出前授業写真4

中学校出前授業写真5

中学校出前授業写真6

中学校出前授業写真7

中学校出前授業写真8

茅ケ崎北陵高校で出前授業を実施しました

 平成29年1月12日(木曜日)に神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校の2年生276人に出前授業を実施しました。
 同校では平成28年の参議院選挙前の4月に3年生を対象に「出前授業」を行っており、2年連続の実施となります。
 若年層の投票率の低さを知ってもらい、選挙に行かないと若い世代の意見が取り入れられなくなってしまうなど、一票の大切さについても考えてもらうとともに、クイズを交えながら、いつから投票できるのか、初めての選挙はいつごろになりそうか等を知っていただきました。
 その他にも、学生にとって身近なSNSを使った選挙運動の注意点についても理解を深めてもらいました。
 また、出前授業を聴講してくれた生徒が3年生になってから、模擬投開票を実施させていただく予定となっており、選挙を体験することで、さらに身近に感じてもらいます。

茅ケ崎北陵高校出前授業

茅ケ崎北陵高校出前授業写真

白十字会林間学校で出前授業を実施しました

 平成28年8月30日(火曜日)に社会福祉法人白十字会林間学校で出前授業を実施しました。
 若年層の投票率の低さを知ってもらい、選挙に行かないと若い世代の意見が取り入れられなくなってしまうなど、一票の大切さについても考えてもらいました。
 またクイズを交えながら、いつから投票できるのか、いつから選挙運動ができるのか等を知っていただきました。
 その他にも、学生にとって身近なSNSを使った選挙運動の注意点についても理解を深めてもらいました。
 投票箱を始め、記載台や選挙公報など、本物の選挙で使われている器材を見ていただき、選挙をより身近に感じていただきました。
 実際の選挙で使われるものと同じ材質の投票用紙を配り、投票体験もしてもらいました。

白十字会林間学校出前授業写真1

白十字会林間学校出前授業写真2

鶴嶺高校で模擬投開票を実施しました

 平成28年4月28日(木曜日)に神奈川県立鶴嶺高等学校の3年生334人に出前授業および模擬投開票を実施しました。
 出前授業では若年層の投票率の低さを知ってもらい、選挙に行かないと若い世代の意見が取り入れられなくなってしまうなど、一票の大切さについても考えてもらいました。
またクイズを交えながら、いつから投票できるのか、いつから選挙運動ができるのか等を知っていただきました。
その他にも、学生にとって身近なSNSを使った選挙運動の注意点についても理解を深めてもらいました。
 模擬投票では、架空の市長候補者(未来茅ヶ崎市長選挙)を立て、選挙公報を作成しました。
生徒一人ひとりが公約を参考にして、どの候補者に投票するかを自らで考えてもらい、投票を行いました。
本物の選挙で使われている投票箱や記載台等を用いて投票してもらうことで選挙をより身近に感じていただきました。
 「この授業で選挙に行こうと思った人は」と問いかけると、ほとんどの生徒が手を挙げてくれました。

鶴嶺高校出前授業1

鶴嶺高校出前授業2

鶴嶺高校出前授業3

鶴嶺高校出前授業4

鶴嶺高校出前授業5

鶴嶺高校出前授業6

鶴嶺高校出前授業7

鶴嶺高校出前授業8

茅ケ崎北陵高校で出前授業を実施しました

 平成28年4月21日(木曜日)に神奈川県立茅ケ崎北陵高等学校の3年生276人に出前授業を実施しました。
若年層の投票率の低さを知ってもらい、選挙に行かないと若い世代の意見が取り入れられなくなってしまうなど、一票の大切さについても考えてもらいました。
 またクイズを交えながら、いつから投票できるのか、いつから選挙運動ができるのか等を知っていただきました。
 その他にも、学生にとって身近なSNSを使った選挙運動の注意点についても理解を深めてもらいました。
 投票箱を始め、記載台や選挙公報など、本物の選挙で使われている器材を見ていただき、選挙をより身近に感じていただきました。
 学校からは来年度以降も同様の出前授業を実施してほしいとお話を頂きました。

北陵高校出前授業写真1

北陵高校出前授業写真2

茅ケ崎高校で出前授業を実施しました

 平成28年3月22日(火曜日)に神奈川県立茅ケ崎高等学校の2年生360人に出前授業を実施しました。
選挙権年齢の引下げにともない、この中にも今年の夏の参議院選挙から投票できる人がいること、選挙違反を犯すと罪に問われることを伝えました。また、学生にとって身近なSNSを使った選挙運動の注意点についても理解を深めてもらいました。
 投票箱を始め、記載台や選挙公報など、本物の選挙で使われている器材を見ていただき、選挙をより身近に感じていただきました。
 授業後に実施したアンケートでは9割以上の生徒から「下級生にも同じ授業を受けてほしい」との回答を得られました。

茅ケ崎高校出前授業写真1

茅ケ崎高校出前授業2

赤羽根中学校で出前授業を行いました

 平成28年3月3日(木曜日)に茅ヶ崎市立赤羽根中学校で出前授業を実施しました。
3年生130人に選挙の仕組みや約束事、候補者の選び方から投票の方法までについての理解を深めていただくためにクイズを交えながら説明しました。
 投票箱を始め、記載台や選挙公報、投票用紙自動交付機など、本物の選挙で使われている器材を見ていただき、投票する時のイメージを膨らませていただきました。
 授業を受けてみて、「実際に選挙は身近だと感じた」との感想がありました。

授業の様子

本物の投票箱と記載台の紹介

茅ケ崎養護学校で出前授業を行いました

 平成28年2月2日(火曜日)に神奈川県立茅ケ崎養護学校で出前授業を行いました。
 高等部の3年生18人に選挙の仕組みや約束事について理解を深めていただくために
クイズ形式で説明しました。
 出前授業を聞いた生徒からは、「授業を聞いて投票に行ったほうが良いと思えた」
との感想をいただきました。
 また、翌日3日は同校の生徒会選挙が実施され、茅ヶ崎市選挙管理委員会が実際の
選挙で使用している投票箱と記載台を使って選挙が行われました。
 

出前授業写真

出前授業写真

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会事務局 選挙担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る