ここから本文です。

市長メッセージ

ページ番号 C1007404  更新日  平成26年10月20日

理想があるから、やる気がある。だからうちの職員はうるさい。

市のトップが語る、こんな方を待っています

茅ヶ崎市の特徴は、「少数精鋭」であること

なぜ少人数で行政運営が可能なのか、そこが茅ヶ崎市のポイントです。当然、1人当たりの仕事量は多いわけですが、だからこそ、やりたいことができるし、工夫の生きる幅が広くなる。
そもそも、市の職員とは「まちづくりのプランナーであり、プレイヤー」です。職員は市の発展のための施策を計画し、実行していきます。各段階で市民の皆様と協力し、どこまで理想のまちづくりを実現できるのかというゴールのない仕事です。
この理想を実現していく仕事を少人数で進めていくには、職員が使命感を持ち、意欲的である必要があります。職員のモチベーションが高いのなら、広い範囲を任された方が効率も良ければやりがいもある。それを茅ヶ崎市は体現しているのです。
 

「市の経営」という視点

これからの時代、地方分権が進み、自治体は地域にあったそれぞれの行政を経営していく必要があります。公共性を持つ行政だからお金儲けのために経営をするわけではない。しかし、税金や人員を含めた資源をどのように効果的に活用していくのか、目標や計画をどのように実現していくのかをマネジメントしていく必要があります。
 

「行政評価」と「人事評価」

「市の経営」と「少数精鋭」を成り立たせるキーワードは「評価」です。やってもやらなくても同じ扱いではいけない。「行政評価」はすでに平成15年度から始まっており、政策・施策・事務事業の目標と優先度を明確にし、戦略性の高い行政運営を目指しています。「人事評価」は評価結果を職員の人事・給与処遇へ反映させる制度で、2年間の試行期間を経て、まずは管理職から本格実施しています。
 

最後に!!就職先としての茅ヶ崎市

茅ヶ崎市長 服部信明


まず、民間企業・公務員という区分けは意識せず、ただ単純に、ご自身にとって茅ヶ崎市で働くことに価値があるかを考えてみてください。これから30年、40年働く先を考えるにあたって、楽しく・厳しく・やりがいのある仕事を選ぶのはとても前向きな選択だと思います。最近の受験者に誤解が多いのでクギをさしておきますが、受験者に求めていただきたいのは「安定」や「定時帰り」ではなく、「やりがい」です。ここだけは間違えないでください。
理想を持ち、先輩職員と同じように前向きな意見をうるさく言える方をお待ちしております。
 


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 職員課 人財育成担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る