現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 茅ヶ崎市のあらまし > 姉妹都市 > 姉妹都市締結までの軌跡


ここから本文です。

姉妹都市締結までの軌跡

ページ番号 C1012777  更新日  平成29年8月7日

古いサーフボードの写真
ハワイ製のサーフボードが茅ヶ崎に伝来。今も市内に保管されている

1935年ごろ

今から80年以上も前にハワイ製のサーフボードが茅ヶ崎にやってきた

1960年代ごろ

サーフクラブが生まれ、個性的なサーフショップが誕生していく。現在、市内には約30のサーフィン関連店舗が存在

1990年代ごろ

市内で本格的なフラ・ハラウ(教室)が開講。今では市内に100を超えるフラサークルが存在と言われる

茅ヶ崎海岸でのサーフィンの写真
サーフショップのもととなる、サーフクラブ
が誕生

フラダンスの写真
市内で本格的なフラダンス教室
がオープン

2003年
地域活性化を目的に茅ヶ崎商工会議所で「茅ヶ崎アロハ委員会」が立ち上がる。「アロハビズ」を提唱し、茅ヶ崎のスローライフスタイル、環境にやさしいまちづくりを掲げる
2004年
オアフ観光局(現・ハワイ州観光局)協力のもと、ハワイ物産展「アロハマーケット」を初開催。キャッチコピーは「茅ヶ崎にいながらハワイ気分を満喫」。以降、毎年開催
2011年
フラの世界大会「ワールド・インビテーショナル・フラ・フェスティバル日本大会」が茅ヶ崎で開催

アロハマーケットの写真
オアフ観光局の人が参加しました

フラ大会の写真
ハワイ以外で初めて開催されました

2013年10月
茅ヶ崎市観光協会・茅ヶ崎商工会議所・茅ヶ崎アロハ委員会が姉妹都市提携を求める要望書を市へ提出
2014年2月
茅ヶ崎市議会で「茅ヶ崎市議会との友好関係創設に関するホノルル市議会の決議に謝意を表するとともに、両市の姉妹都市提携に向けた取り組みの推進を求める決議」が議決される
2014年6月
ハワイサーフィン協会と茅ヶ崎サーフィン協会・日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部がフレンドシップ協定を締結
2014年8月
ホノルル市・郡のカーク・コールドウェル市長が、茅ヶ崎市を公式訪問しました。
 
 

サーフィン関係者の写真
両市のサーフィン関係団体が手を組みました

カーク・コールドウェルホノルル市長の写真
2014年8月3日4日に茅ヶ崎を訪問されました

2014年10月

ホノルル市庁舎に隣接するミッション・メモリアル講堂においてカーク・コールドウェル市長と服部市長が協定書に調印しました。

姉妹都市協定書(日本語)
姉妹都市協定書(日本語)
ページ下の添付ファイルに拡大版があります。

姉妹都市協定書(英語)
姉妹都市協定書(英語)
ページ下の添付ファイルに拡大版があります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 姉妹都市担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る