現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 茅ヶ崎市のあらまし > 姉妹都市 > 写真コーナー > 2018年3月16日から22日まで 青少年海外派遣事業を実施しました


ここから本文です。

2018年3月16日から22日まで 青少年海外派遣事業を実施しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1029579  更新日  平成30年4月10日

取材場所
ホノルル市・郡、ハワイ島
  • 前へ
  • 次へ

3月16日(金曜日)から22日(木曜日)までの5泊7日間の日程で、茅ヶ崎市として初めてとなる青少年海外派遣事業を実施しました。作文審査と面接を経て選出された4名の派遣団員。両市の交流の架け橋になるべく、その名も「レインボー・キッズ」。

レインボー・キッズはホノルル市長や在ホノルル日本国総領事館への表敬訪問のほか、ハワイ州教育局が主催する「グローバル・コネクションズ」に参加し、現地児童との交流を図りました。

グローバル・コネクションズでは、ハワイへの日系移民150周年を記念した「海がわたしたちをつなぐ」をテーマに、フィールドワークやグループワークを行いました。

初日にはアメリカ合衆国で唯一の宮殿であるイオラニ宮殿を見学。ハワイ王朝の歴史や日本とのつながりについて学びました。

2日目にはオアフ島を離れ、ハワイ島へ。イミロア天文学センターを訪問し、最先端の天文学や科学技術に関する展示、ハワイ文化について学びました。

3日目に見学したのはハワイ・プランテーション・ビレッジ。ハワイのサトウキビ農園で働いていた様々な国の移民たちの生活様式を再現したこの施設では、150年前に海を渡った日系移民の暮らしぶりを知ることができました。

グローバル・コネクションズ最終日には伝統的なハワイ文化の教育に力を入れているマラマ・ホヌア・チャータースクールを訪問。こちらの学校の児童の前でグループワークの成果を発表しました。

 

親元を離れて海外で過ごした経験や、姉妹都市ホノルルでできた友人たちとのつながりは、レインボー・キッズにとってかけがえのない想い出・財産になったのではないでしょうか。

今年度にはホノルルの青少年が茅ヶ崎を訪問する予定です。子どもたちのさらなる交流にご期待ください!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 姉妹都市担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る