現在の位置:  トップページ > くらし > お年寄り > 介護保険 > 介護保険のしくみ > 要介護認定のしくみ


ここから本文です。

要介護認定のしくみ

ページ番号 C1004170  更新日  平成26年10月20日

  • 要介護認定の申請は本人や家族のほか、茅ヶ崎市地域包括支援センター、省令で定める居宅介護支援事業者・介護保険施設・社会保険労務士等が代行して提出できます。
  • 申請をすると調査員が訪問調査を行い、その内容と医師の意見書をもとに介護認定審査会で要介護度が判定されます。
  • 要介護状態区分は要支援1から2、要介護1から5の7段階に分かれ、ご自宅でサービスを利用する際には、要介護状態区分別に介護保険から給付される上限額(支給限度額)が決められています。また、介護保険施設に入所した場合は、介護度に応じた日額により、利用者負担額を計算します。
  • 認定の結果は原則として12か月ごとに見直されます。
     (新規申請による認定、区分変更申請により要介護状態区分に変更のある認定は、6か月の有効期限となります。)

要介護状態区分で利用できるサービス

要支援1・要支援2

要介護1から要介護5

非該当(自立)

介護保険によるサービスは受けられませんが、茅ヶ崎市が行う地域支援事業や保健・福祉サービスなどが利用できる場合があります。

経過的要介護

平成18年3月31日以前に「要支援」と認定された人で、平成18年4月1日以降までの有効期限をお持ちだった人。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 認定担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る