現在の位置:  トップページ > くらし > お年寄り > 介護予防・日常生活支援総合事業について > 茅ヶ崎市介護予防・日常生活支援総合事業 担い手研修について


ここから本文です。

茅ヶ崎市介護予防・日常生活支援総合事業 担い手研修について

ページ番号 C1021911  更新日  平成29年12月8日

平成29年度 茅ヶ崎市介護予防・日常生活支援総合事業 担い手研修について

 団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう支援するサービスの重要性が高まっています。

 そこで、2015年の介護保険法の改正により、介護事業者や地域住民などの多様な担い手が参画し、さまざまなサービスを充実させ、高齢者に対する効果的かつ効率的な日常生活の支援をする「介護予防・日常生活支援総合事業」を市町村が実施することになりました。

 市では、新たな基準による「訪問型サービスA」、「通所型サービスA」を創設し、このサービスの担い手を育成するため、平成29年度においても、以下の研修を実施します。(日程・申込方法など詳細は「受講申込書」をご覧ください。)

生活援助員研修

対象

生活援助員として、市内事業所で働きたい方(注)
内容 総合事業・高齢者の特性の理解、生活支援について等(2日間)
終了後

訪問型サービスAの生活援助員として、訪問型サービスA事業所に雇用され、利用者の居宅

で調理、掃除、洗濯などの生活援助の仕事に従事できる

サービスA担い手研修

対象 サービスA提供責任者、通所型サービスAの管理者として市内事業所で働きたい方(注)
内容 総合事業・高齢者の特性の理解、サービス計画の作成、事業所運営等(3日間)
終了後

(1)訪問型サービスAのサービス提供責任者として、訪問型サービスA事業所で、生活援助や

 訪問型サービス計画の作成などの仕事に従事できる

(2)運動・レクリエーション活動などによる機能訓練や、日常生活上の支援を行う通所型サー

 ビスAの管理者になることができる。また、条件がそろえば通所型サービスAの事業を始める

 こともできる

(注)受講については、資格・要件により受講できない場合があります。「受講対象者」をご確認ください

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 支援給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る