現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 建築指導 > コンテナを利用した建築物の取扱いについて


ここから本文です。

コンテナを利用した建築物の取扱いについて

ページ番号 C1019575  更新日  平成28年8月31日

 コンテナを倉庫として設置し、継続的に使用する物件等は、その形態及び使用の実態から建築基準法第2条第一号に規定する「建築物」に該当するため、新たにこれらのコンテナを利用する建築物を設置する場合には、建築基準法に基づく建築確認申請が必要となり、「確認済証」の交付を受けないと設置できません。

 確認申請の審査では、構造耐力上の安全を確認するため、法律に適合した基礎を設けるなど、地震その他の振動や衝撃に対して、建築物としての安全性を確保するための基準を満足しなければなりません。

 また、都市計画で定められた市街化調整区域や第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域及び第一種中高層住居専用地域では、原則としてコンテナを倉庫として設置することはできません。

 コンテナを「建築物」として利用することを検討されている方は、事前に建築指導課指導担当へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 建築指導課 指導担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る