現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 建築指導 > 市街化調整区域の建築形態制限


ここから本文です。

市街化調整区域の建築形態制限

ページ番号 C1008188  更新日  平成26年10月20日

 市街化調整区域の無秩序な開発などを抑制し、良好な環境を保全することを目的に、市街化調整区域における建築物の形態制限を行っております。

建築形態制限の指定について (平成16年4月1日施行)

建築形態制限は、地域の特性、将来の土地利用を考慮し、次のように定めています。

建築形態制限
項目 指定値
容積率 100パーセント
建ペイ率 50パーセント
道路斜線 勾配1.25
隣地斜線 高さ20メートル、勾配1.25

 

規模制限(容積率・建ぺい率)

規模制限(容積率・建ぺい率)は、建築物の敷地面積に対するボリュームをコントロールします。

  • 容積率は、建築物の各階の合計面積(延べ床の面積)の敷地面積に対する割合(通常「パーセント」で表示します)のことをいいます。
     
      容積率=延べ床の面積/敷地面積×100パーセント
     
  • 建ぺい率は、建築面積(概ね1階の面積)の敷地面積に対する割合(通常「パーセント」で表示します)のことをいいます。

      建ぺい率=建築面積/敷地面積×100パーセント

容積率・建ぺい率

高さ制限(道路斜線・隣地斜線)

高さ制限(道路斜線・隣地斜線)は、建築物の高さ方向に対するボリュームをコントロールします。

  • 道路斜線は、建築物から道路までの水平距離及び道路幅員と、建築物の高さの関係による制限のことをいいます。
  • 隣地斜線は、建築物から隣地境界までの水平距離と、建築物の高さの関係による制限のことをいいます。

高さ制限(道路斜線・隣地斜線)

 

 


市街化調整区域における建築形態制限の指定図

建築形態制限指定図

指定区域は、市街化調整区域全域です。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 建築指導課 審査担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る