現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > みどりに関する取り組み > 森林の管理保全 > 森林を伐採する際の届出について


ここから本文です。

森林を伐採する際の届出について

ページ番号 C1008135  更新日  平成29年7月14日

森林を伐採する際の届出について

概要

森林所有者・伐採者等は、神奈川地域森林計画の対象となっている森林を伐採しようとする場合には、森林法第10条の8項第1項の規定により、伐採する日の30日から90日前までに茅ヶ崎市に「伐採及び伐採後の造林の届出書」(伐採届)を提出しなければなりません。

また、平成29年4月以降に上記の届出を提出した場合は森林法第10条の8項第2項の規定により、伐採後の造林(伐採後に森林以外の用途に転用する場合には、伐採を完了した日)から30日以内に「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」を提出しなければなりません。

届出の提出のない場合
 (1)伐採及び伐採後の造林の届出:100万円以下の罰金(森林法大208条)
 (2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:30万円以下の罰金(森林法大210条)

対象となる森林

神奈川地域森林計画の対象となっている森林
(注釈)伐採しようとする立木が神奈川地域森林計画の対象となっている森林であるかどうかについては、景観みどり課までお問い合わせください。

(市内にある森林は森林法だけでなく、他の法律による規制がかかっている森林も存在します。その際は、景観みどり課だけでなく他の関係課へ書類を提出する必要がある場合がありますので、ご注意ください。)

提出する書類

神奈川地域森林計画の対象となっている森林を伐採する場合のみ、以下のものを提出してください。該当がない場合には提出は不要です。
・伐採及び伐採後の造林の届出書(下記よりダウンロードしてください)
・伐採箇所の区域及び面積がわかる図面

届出人について

・森林所有者が自分で伐採をするときは森林所有者が提出してください。
・伐採業者などが森林所有者から山林の立木を買い受けて伐採するときは買い受けた人が提出してください。
・伐採をする人と造林をする人が異なる場合は、連名で提出してください。
・届出者が森林の所有者でない場合は、森林を伐採する権原を有している書面も併せて提出してください。

注意事項

・1ヘクタールを超えて森林以外の用途に使用するために伐採する場合には、林地開発行為となりますので神奈川県の許可が必要となります。

関連情報

伐採後の造林等については、茅ヶ崎市森林整備計画に適合したものである必要があります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 景観みどり課 みどり担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る