現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 屋外広告物(看板など) > 屋外広告物(看板等)適正化による景観まちづくり


ここから本文です。

屋外広告物(看板等)適正化による景観まちづくり

ページ番号 C1021517  更新日  平成29年1月30日

事業者の方の協力を得ながら景観まちづくりに取り組んでいます

 屋外広告物は様々な情報を提供し、まちに活気をもたらしますが、まちの景観を損ねる要因にもなります。茅ヶ崎市は、以前は神奈川県の屋外広告物条例を運用していました。平成16年の景観法制定・屋外広告物法改正により、地域の実情に合わせた内容となるよう景観行政団体である自治体も独自に条例を制定できるようになり、神奈川県条例とは別に本市の景観計画に則した茅ヶ崎市屋外広告物条例を制定しました。本市の条例では、市内を土地利用の方針によって6種類の地域に分け、地域ごとに、屋外広告物(看板)のサイズや高さの基準を定めています。


 市条例では、県の旧基準に適合していた広告物で市の新基準に適合しなくなった屋外広告物については、平成23年4月の市条例施行から10年間(33年3月まで)の猶予期間の間に、屋外広告物を新基準のサイズにすることとしていまします。ここでは、茅ヶ崎市の良好な景観形成のため、早期に看板を是正していただいた事業者とその看板を紹介いたします。

 これからも、美しい景観の形成や安全性確保のため、事業者の協力を得ながら、まちづくりを進めていきます。

株式会社スズキヤ  エスパティオ小和田店

エスパティオ広告塔

この広告塔は市条例で定めた表示可能面積を超えていましたが、景観への配慮等から広告塔が撤去されました。

さがみ農業協同組合 つるみね支店

農協屋上広告塔

新基準では当該地域で屋上広告塔が掲出できないため、撤去のうえ、新基準の基準内で壁面に広告が掲出されました。

医療法人潤恵会至誠堂医院

至誠堂医院屋上広告物

新基準では屋上広告塔が掲出できないため、撤去のうえ、新基準の基準内で壁面に広告が掲出されました。

イオンリテール株式会社 イオンスタイル湘南茅ヶ崎店

イオンスタイル壁面利用広告

壁面利用広告の新基準の表示可能面積を超えていましたが、新基準の基準内で掲出されました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 景観みどり課 景観担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る