現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 都市マスタープラン > ちがさき都市マスタープランの一部見直しについて(別冊)


ここから本文です。

ちがさき都市マスタープランの一部見直しについて(別冊)

ページ番号 C1008034  更新日  平成26年10月20日

「ちがさき都市マスタープラン」を平成20年6月に改定しましたが、5年が経過し、社会経済情勢などの変化や進捗状況の確認結果などを踏まえ一部見直しを行いました。

『ちがさき都市マスタープラン』一部見直しの考え方

「ちがさき都市マスタープラン」とは

  「ちがさき都市マスタープラン」(以下「本プラン」という。)は、本市のあるべき姿、将来都市像を定め、その実現に向けた都市づくりの方向性を定めたものです。

 本プランは、平成9年8月に策定した都市マスタープランを都市づくりの継続性のために踏襲しつつ、時代に対応し、市民参画を中心とした実効性を有する都市マスタープランとして平成20年6月に改定しました。改定により、平成20年を初年度として20年後の平成40年を目標年次としています。また、20年後の将来都市像を打ち出すだけでなく、計画の実効性を高める取り組みとして、「重点的に取り組む施策」、「市民と協働で取り組む戦略プラン」を位置づけるとともに、施策の優先度を踏まえて計画を実行していくものとし、「重点的に取り組む施策の実施目標年次」や計画策定後の「計画の実現状況の確認」も示しています。

 市民や事業者及び行政が協働して、効率的、効果的な施策・事業の推進をめざしています。本プランに定めた「計画の実現状況の確認」を行うため、平成21年に発足した「ちがさき都市マスタープラン確認委員会」では、将来都市像の実現に向け、その骨組みとなる「重点的に取り組む施策」、「市民と協働で取り組む戦略プラン」の進捗状況を確認しています。

写真3

今回の見直しの位置づけ

 これまで5年間の社会経済状況などの変化や、進捗状況の確認結果を踏まえ、将来都市像の実現に向けた取り組みを継続しつつ、「東日本大震災の教訓を活かした都市づくりの展開」(都市防災の方針の強化)、「低炭素まちづくりの推進」(環境にやさしい都市づくりの方針の強化)、「重点的に取り組む施策などの時点修正」を行う一部見直しとしました。

 そのため、全体的なまちづくりの方針などを定めている平成20年6月改定の本プランの「本冊」は今後もそのまま使用し、「一部見直し版」を追加として「別冊」にて発行します。

 なお、平成30年頃に本冊の改定をする予定です。

写真5

『ちがさき都市マスタープラン 別冊』

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 都市政策課 都市政策担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る