現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 景観まちづくり > 景観法に基づく届出


ここから本文です。

景観法に基づく届出

ページ番号 C1008082  更新日  平成26年10月20日

届出の概要

建築行為等を行う際には景観法で規定された届出を行う必要があります。
届出の際には景観法、及びその委任条例である茅ヶ崎市景観条例の規定に基づくとともに、茅ヶ崎市景観計画で定められた景観形成基準に適合するよう配慮してください。

届出対象

届出の対象となる行為は、市内全域で下記の規模に該当する建築物、工作物の新築、新設、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更及び開発行為です。(特別景観まちづくり地区については別に対象、基準が定められています。特定地区での景観まちづくりのページをご覧ください)

【建築物】

  • 高さが10メートルを超えるもの(第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域では軒の高さが7mを超えるもの)
  • 延べ面積が1000平方メートル以上のもの
  • 商業施設の用に供する部分の床面積の合計が500平方メートル以上のもの
  • 計画戸数が8戸以上のもの

【工作物】

  • 高さが10メートルを超えるもの

【開発行為】

  • 開発区域の面積が500平方メートル以上のもの

届出の際に配慮すべき事項

届出が必要となる行為を行う場合に配慮すべき事項として景観形成基準が茅ヶ崎市景観計画で設定されています。景観形成基準の詳細は茅ヶ崎市景観計画第3章(3-6ページ)より記載されています。(特別景観まちづくり地区については別に対象、基準が定められています。特定地区での景観まちづくりのページをご覧ください)

また届出に際しては景観模擬実験を行い、周囲の景観との調和について確認することが必要になります。
景観模擬実験については景観模擬実験のページをご覧下さい。
 

届出の流れ

届出のフロー図

注1 複数の行為を行う場合は、1回の届出にまとめることができます。
注2 茅ヶ崎市景観計画に定められた色彩基準に適合しない場合には変更命令措置の対象となる場合があります


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 景観みどり課 景観担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る