現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 景観まちづくり > 景観行政への取組


ここから本文です。

景観行政への取組

ページ番号 C1008079  更新日  平成29年7月28日

これまでの取組

平成2年度
新総合計画に位置付け
【基本方針】
「市民とともに都市景観形成を進め、ゆとりと調和のある都市づくりにつとめます。」
【施策の方向】
1.都市景観意識の高揚
2.市街地景観の保全と創出
3.自然景観の保全と創出
平成6年度
景観行政の基本的考え方予備調査
平成7年度
景観資源実態調査実施
平成9年度
茅ヶ崎市都市景観基本計画策定
公共施設景観指針の策定
平成10年度
景観モデル事業の実施
住まいの景観ガイドライン策定(1軒の家からはじまるまちづくり)
平成11年度
茅ヶ崎市景観まちづくり条例の制定(市独自の条例)
平成12年度
茅ヶ崎市景観まちづくり条例の施行
平成13年度
茅ヶ崎駅北口周辺特別景観まちづくり地区の指定
平成17年度
茅ヶ崎駅北口周辺特別景観まちづくり地区商業街区の景観まちづくり計画施行
平成18年度
景観法に基づく景観行政団体となる
景観計画策定のための景観計画検討会議の開催
平成20年度
10月1日
茅ヶ崎市景観条例の施行(景観法に基づく委任条例部分と自主条例の部分の双方を含む)、茅ヶ崎市景観計画の運用開始
平成21年度
3月26日
景観重要樹木2件と、ちがさき景観資源5件を指定
平成23年度

4月1日
茅ヶ崎市景観計画の一部改訂の運用開始
茅ヶ崎市屋外広告物条例の施行
茅ヶ崎市景観条例の一部を改正する条例の施行
茅ヶ崎海岸・漁港周辺特別景観まちづくり地区の指定
浜見平特別景観まちづくり地区の指定

8月22日
景観重要樹木2件と、ちがさき景観資源1件を指定

 

2月

「茅ヶ崎市景観計画前期(H20~H22)報告書」発行

平成25年度

7月1日

茅ヶ崎市景観計画の一部改訂の運用開始

平成27年度

7月1日

茅ヶ崎市景観計画の一部改訂の運用開始

辻堂駅西口周辺特別景観まちづくり地区の指定

8月5日

公共サインガイドラインの策定

3月22日

茅ヶ崎景観資源3件を指定(関東の富士見百景茅ヶ崎市からの富士 茅ヶ崎南湖の左富士、ヘッドランドとその周辺、県立茅ケ崎里山公園内富士見の丘付近)

平成28年度

7月1日

茅ヶ崎市景観計画の一部改訂の運用開始予定

市道2244号線(茅ヶ崎駅北口周辺特別景観まちづくり地区内)を景観重要公共公共施設に指定

市道5634号線(鶴嶺参道)を景観重要公共施設に指定

県立茅ケ崎里山公園、市道8567号線、市道8569号線及び市道8568号線を景観重要公共施設に指定

平成29年度

4月8日

民俗資料館(旧和田家、旧三橋家)を景観重要建造物に指定

 

7月

「茅ヶ崎市景観計画期末報告書」発行

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 景観みどり課 景観担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る