現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 豊かな長寿社会に向けたまちづくり > 豊かな長寿社会コンソーシアム


ここから本文です。

豊かな長寿社会コンソーシアム

ページ番号 C1012623  更新日  平成29年10月12日

豊かな長寿社会コンソ―シム

概要

 本市が定めた「豊かな長寿社会に向けたまちづくり基本方針」に掲げた豊かな長寿社会を実現するためには、産学官民が連携し、各々が持つ知恵や能力を出し合いながら、必要な民間サービス、市民活動を創出していく必要があります。そこで、市民生活の向上、産業の振興等を目的に、関係者間での検討の場として、平成27年3月20日に豊かな長寿社会コンソーシアムを設立しました。

【コンソーシアムの活動】

  • 会員(市を除く)が実施主体となる可能性のあるもので、豊かな長寿社会を実現に資する事業の研究
  • 豊かな長寿社会に関する普及啓発、情報収集・発信
  • 豊かな長寿社会の実現のための取り組みに関する会員間の連携に関する支援 

【コンソーシアムの構成】

協定会員:茅ヶ崎医師会、茅ヶ崎商工会議所並びに大学及び研究機関(平成27年3月20日現在協定会員 東京大学高齢社会総合研究機構、文教大学、慶應義塾大学SFC研究所、茅ヶ崎商工会議所、茅ヶ崎医師会)

登録会員:本会の趣旨に賛同し、豊かな長寿社会の実現に向けて自主的な取り組みを行おうとする団体又は個人

 登録会員の入会は随時募っていますので、設立趣意書、会則等をご覧いただいた上で、入会をお申込みください。

 


コンソーシアムの運営

全体会議とワーキンググループの関係

コンソーシアムには全体会議とワーキンググループ(WG)を設置します。

全体会議

次の事項の共有・協議等を行うために設置

  • ワーキンググループの設置、運営状況
  • 会員の実施する豊かな長寿社会の形成に資する取り組み
  • 会則の改廃 など

構成:全ての会員

頻度:1~2回/年程度

ワーキンググループ(WG)

会員(市を除く)が実施主体となるもので、豊かな長寿社会の実現に資する取り組みを研究

  • 会員や事務局からの提案により、一定のテーマを定めた上で設置
  • 必要に応じて、アドバイザーを招へい

構成:事業の実施主体となる可能性のある会員

頻度:随時設置・解散

現在活動中のワーキンググループ(WG)

住まい・住まい方WG

活動を終了したワーキンググループ(WG)

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画経営課 企画経営担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る