現在の位置:  トップページ > くらし > 教育 > 小・中学校 > 平成29年度就学援助制度


ここから本文です。

平成29年度就学援助制度

ページ番号 C1005140  更新日  平成29年10月12日

 茅ヶ崎市では、経済的理由によりお子さんが茅ヶ崎市立小・中学校へ就学することが困難な世帯に対して、学校生活でかかる費用の一部を援助しています。茅ヶ崎市就学援助受給申請書は、4月に学校で全児童生徒に配付しています。申請書は各学校・学務課窓口でもご用意しています。また、就学援助の審査方法等についての参考資料も、各学校・学務課窓口に配架しています。

 

 

就学援助を受けることができる世帯

経済的理由により児童生徒が就学困難と認められる世帯。

東日本大震災で被災された方は、被災が証明できる書類等により対象となります。

世帯人員別年間所得額上限の目安
世帯人員 年間所得額の上限の目安
2人 約2,500,000円から3,300,000円
3人 約3,000,000円から4,200,000円
4人

約3,400,000円から4,800,000円

5人 約3,900,000円から5,000,000円
6人 約4,500,000円から5,200,000円

(注)所得額は同居されている方全員の合算です。過去の基準額及び実績より算出。

(注)年間所得の上限額の目安は、世帯構成員の年齢、家賃の有無などによって異なります。

年間所得額とは

源泉徴収票では「給与所得控除後の金額」、確定申告書では「所得金額の所得」、市民税・県民税課税(非課税)証明書の「総所得金額」の欄の金額です。
 

援助の内容

次のうち該当する費目の一部

  1. 新入学学用品費、学用・通学用品費、卒業時学用品費
  2. 校外活動費(遠足などへの参加費)、修学旅行費                                            (注)いずれもキャンセル料は対象外です。
  3. 学校給食費
    (注)給食費の未納があった場合、その未納分のみ学校長の口座へ直接振り込む制度があります。任意となりますが、申請書を提出する際、別紙の委任状も添付してください。
  4. 医療費(学校保健安全法に定められた疾病:う歯、中耳炎、慢性副鼻腔炎、結膜炎、トラコーマ、アデノイド、寄生虫病、白癬(はくせん)、疥癬(かいせん)、濃痂疹(のうかしん))、めがね購入費
    (注)6月30日までに認定され、年度当初の学校の健康診断で受診勧告を受けた方のみ対象。

学年や認定日(申請書を学校に提出した日)によって支給費目は異なります。

就学援助費の支給方法

保護者名義への口座振込、または学校からの現金支給にて行います。支給は4~7月分を9月末、10月末(小学校の修学旅行費のみ)、8~12月分を1月末、1~3月分を3月末に予定しています。

手続きについて

  •  「平成29年度茅ヶ崎市就学援助費受給申請書」(以下「申請書」という。)に記入し、必要書類を添付して、お子さんの在学している学校へ提出してください。当初認定(4月1日認定)は5月末までに学校を経由して教育委員会に提出されたものが対象です。
  •  6月以降の提出の場合は中途認定となります。毎月15日が締切です。最終締切は2月末までになります。提出日により、認定月が異なり給付額も異なります。
  •  受給を希望する場合は、毎年度、申請する必要があります。
  •  「申請書」、「必要書類」は1世帯につき1部提出してください。小学生と中学生のお子さんがいる場合は、それぞれの小学校・中学校に1部ずつ提出してください。
  •  認定・否認定の決定は、同居されている方全員の平成28年中の所得状況と家庭の状況を総合的に審査し、結果をお知らせします。

手続きの流れ

  1. 毎年4月に学校で児童生徒に申請書が配られます。(申請書は各学校・学務課窓口にもあります。 )
  2. 記入例を参考に申請書に記入し、必要書類を添付します。
  3. 申請書に不備がないことを確認し、学校へ提出してください。
  4. 各家庭の状況を総合的に判断し、認定・否認定の結果をお知らせします。

(注)書き損じた場合は、必ず二重線と訂正印(朱肉を使うもの)で訂正してください。修正ペン、修正テープなどによる訂正は不可です。

 

申請書作成にあたっての注意事項

申請書の「世帯の状況」欄への記入について

 茅ヶ崎市の就学援助制度では、住民登録上別世帯であっても同居している方、生計を同じくする方全員を世帯員としますので、「世帯の状況」欄には同居している方全員を記入してください。

失業等について

失業または病気で働けなくなった場合で、申請理由に具体的に記入されているときは、審査の際に考慮することがあります。内容によっては、審査に必要な書類の提出を求めることがあります。
(具体例)長期病気療養中で働けない。リストラ・派遣切りにあった。失業、死亡、休業等で収入が著しく減少した。など

所得に関する書類について

保護者及び収入のある方全員分の次の「a」から「d」のいずれかの書類を添付してください。(保護者は必ず提出してください)

<平成29年1月1日に茅ヶ崎市に住民登録がある方>

a.平成28年分給与所得の源泉徴収票(コピー可)
収入が給与のみで、年末調整が済んでいる方

b.平成28年分の所得税の確定申告書の控(表面・受付印のあるもの・コピー可)
所得税の確定申告書を提出した方

c.平成29年度市・県民税申告受付書(受付印のあるもの・コピー可)
市役所へ市・県民税申告書を提出した方
市民税課にて申告をし、就学援助の添付書類にする旨を伝え、受付印のある受付書をもらい申請書に添付してください。

(注)再発行等のため源泉徴収票を提出する方は、6月9日までに提出しないと当初認定(4月1日認定)となりません。所得に関する書類を提出されてから審査となるため、認定日が異なり、給付額も異なります。
 

<平成29年1月1日に茅ヶ崎市に住民登録をしていない方>

平成29年1月1日に茅ヶ崎市に住民登録をしていない方は、必ず「d」を提出してください。

d.平成29年度市民税・県民税の課税又は非課税証明書

(注)平成29年1月1日住民登録地発行の「平成29年度市民税・県民税課税又は非課税証明書」(平成29年1月1日住民登録地の市役所などで6月1日から発行されます。)を提出する方は、6月9日までに提出しないと当初認定(4月1日認定)となりません。所得に関する書類を提出されてから審査となるため、認定日が異なり、給付額も異なります。
 

口座振込について

「支給方法選択」欄で口座振込を希望する場合、振込先金融機関の通帳の支店名・口座番号・口座名義が確認できる面(例えば、通帳の表紙又は表紙を1枚めくったページ)のコピーを必ず添付してください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育総務部 学務課 学事担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る