現在の位置:  トップページ > くらし > 教育 > 青少年育成 > 危険ドラッグについて


ここから本文です。

危険ドラッグについて

ページ番号 C1005120  更新日  平成26年11月6日

 以前は、「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」「デザイナーズドラッグ」などと呼ばれていて、「ハーブ」「お香」「バスソルト」等の製品と称して販売されています。
 その危険性は、覚せい剤や大麻などと同様、またはそれ以上であるにもかかわらず、その違法性、危険性について、あたかも合法であるかのような誤解を与えることもあったことから、平成26年7月22日、「危険ドラッグ」と呼称が代わりました。
 現在、全国で危険ドラッグの使用直後に死亡したり、幻覚や妄想などから交通事故や他の犯罪を犯す等、危険ドラッグに関わる事件・事故が増えています。
 危険ドラッグは、強い有害作用や依存性を持つものとして、あなたの人生、そしてあなたの家族の人生までもを壊す危険な薬物です。「一回だけなら大丈夫」などといった間違った情報にだまされず、絶対に使用しないで下さい。

危険ドラッグ使用時のイメージイラスト

茅ヶ崎市の危険ドラッグに関するQ&A

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 青少年課 育成担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る