現在の位置:  トップページ > くらし > 子育て > 子どもの手当・助成 > 児童手当現況届


ここから本文です。

児童手当現況届

ページ番号 C1004811  更新日  平成29年7月3日

児童手当・特例給付現況届

6月分以降の手当を受けるために、現況届の提出が必要です

児童手当を受けている人は、児童手当法第26条により現況届の提出が定められています。
現況届は、児童手当を受給している人が6月分以降も引き続き受給できるかどうかを、6月1日現在で確認するためのものです。そのため、現況届を提出しないと、6月分以降の児童手当を受けられなくなることがあります。
なお、現況届は受給者宛に送付しています。
ただし、平成29年5月以降に初めて茅ヶ崎市で認定請求した方(5月に第一子が生まれた方、5月に茅ヶ崎市へ転入した方など)は、今年度は届出を省略できるため送付はありません。

受付期間

6月1日(木曜日)から6月30日(金曜日)(必着)まで

(注釈)提出期限を過ぎても現況届を提出すれば原則として手当は支給されますが、平成29年10月の支払が遅れる場合があります。

(注釈)ただし、現況届の提出が2年間ない場合は、児童手当の受給権が消滅します。

提出方法

同封の返信用封筒で子育て支援課へ郵送してください。

提出書類

  • 児童手当・特例給付現況届受給者宛に送付しています
  • 受給者の健康保険証の写し(会社の厚生年金等に加入している場合のみ)
    ただし、下記の健康保険以外の方は年金等加入証明書が必要です。
    (1)健康保険被保険者証
    (2)船員保険被保険者証
    (3)私立学校教職員共済加入者証
    (4)全国土木建築国民健康保険組合員証
    (5)日本郵政公社共済組合員証
    (6)文部科学省共済組合員証
    (7)共済組合員のうち勤務先が独立行政法人または独立行政法人であることが明らかなもの
  • 平成29年度(平成28年分)所得証明書(受給者及び配偶者のもの)
    平成29年1月2日以降に茅ヶ崎市へ転入された受給者(配偶者)は提出が必要です。
    所得金額・扶養人数・諸控除額の記載のあるものに限ります。                      源泉徴収票、市・県民税特別徴収税額通知書不可。
    平成29年1月1日時点で居住していた市区町村にて証明書の交付を受けてください。
    配偶者が受給者の控除対象である場合は、配偶者の所得証明書は必要ありません。
  • 別居監護申立書及び住民票(児童と別居している場合のみ)
    住民票は、児童の別居先が市外の場合のみ必要です。
    別居先児童を含む世帯全員のもので、本籍・続柄に省略のないものを提出してください。
  • その他必要に応じて提出する書類があります。

現況届の書き方

同封の記入要領を参考に現況届を記入し、押印してください。
配偶者の同意(押印)も忘れずに。
提出書類に不備がある場合は、受付ができませんので、ご注意ください。

各種様式

(注釈)口座変更届は受給者名義の口座へのみ変更可能です。児童等の名義の口座へは変更できません。
≪添付書類≫受給者名義の通帳の写し(見開き1ページ目)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども育成部 子育て支援課 手当給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る