現在の位置:  トップページ > くらし > 子育て > 子どもの手当・助成 > 育成医療


ここから本文です。

育成医療

ページ番号 C1026758  更新日  平成29年9月1日

育成医療給付とは

 障害者自立支援法で定める自立支援医療として、障害のある児童が自立した日常生活又は社会生活を営むために、障害の除去ないし軽減を目的とした医療費等の支給を行います。

 医療保険(健康保険等)適用の医療費について、医療費の1割(所得に応じた自己負担上限額があります)と入院時食事療養費を自己負担として医療機関にお支払いいただき、残りの自己負担額を公費負担します。また、医師の判断で治療用装具が必要となり、その費用を支払った場合には公費負担の対象となり市(子育て支援課)に請求できますが、費用の1割(医療費と合わせてひと月あたりの自己負担上限額を適用)は自己負担となります。

対象となる症状など(主に手術入院・術後通院)

  1. 肢体不自由
  2. 視覚障害
  3. 聴覚・平衡機能障害
  4. 音声・言語・そしゃく機能障害
  5. 心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓機能障害
  6. 5を除く先天性の内臓機能障害
  7. ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

給付対象

  • 18歳未満で、上記の身体上の障害がある、または現存の疾患を放置すると障害を残すと認められる児童で、都道府県等が指定する「指定自立支援医療機関(育成医療)」で受ける治療により、確実な治療効果が期待できるもの。
  • 原則として手術入院及び術後通院が対象(ただし、疾患によって例外があります。)

     (注釈)市町村民税(所得割)が23万5千円以上の世帯については、給付対象とならない場合があります。

医療機関

都道府県等が指定する「指定自立支援医療機関(育成医療)」

申請方法

 次の書類を子育て支援課へ提出してください。

 申請書等の用紙は、子育て支援課にて配布しております。

 

  1. 印鑑(スタンプ印不可)
  2. 健康保険証のコピー(対象となるお子さんの加入保険により異なります。)
    • 国民健康保険の場合は、加入者全員分のコピー
    • 社会保険の場合は、被保険者とお子さんの分のコピー
  3. 自立支援医療費支給認定申請書
  4. 自立支援医療(育成医療)意見書(医師が記入します。)
  5. 世帯調書
  6. 所得確認書類(基準日に茅ヶ崎市に住民票がなかった方が必要となります。)(注1)
    • 治療開始日が4月から6月までの基準日は、前々年1月1日です。
    • 治療開始日が7月から3月までの基準日は、前年1月1日です。
  7. 対象児童と保護者が含まれる世帯全員の個人番号カード等(注2)

 

注1 治療開始日が4月から6月までの場合は「前年度の課税証明書」、7月から3月までの場合は「今年度の課税証明書」が必要となります。なお、配偶者控除等で他の方の課税証明で扶養が確認できる場合は書類を省略することができます。

 

  • 生活保護を受給されている場合は、福祉事務所の受給証明書が必要です。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども育成部 子育て支援課 子育て推進担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る