現在の位置:  トップページ > くらし > 子育て > 子どもの手当・助成 > 小児の医療費助成 > 小児医療費助成事業の対象年齢が令和元年10月から変わります


ここから本文です。

小児医療費助成事業の対象年齢が令和元年10月から変わります

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1025972  更新日  令和1年7月15日

令和元年10月から小児医療費助成事業の対象年齢を中学3年生まで拡大します

令和元年10月から小児医療費助成事業の通院の対象年齢を、中学生までに拡大します。平成31年4月時点で中学生のお子さんが新たに対象となります。(所得制限あり)
 

新たに対象となる中学生の医療費

新たに対象となる中学生のお子さんは、通院したときに病院等でかかった医療費が1回あたり500円を越えた場合に助成されます。医療費が500円未満の場合は医療証は使用できないため、全額をお支払いいただくようになります。ただし、調剤や入院については、全額が助成されます。(所得制限あり)

対象年齢 通院 調剤 入院
0歳から小学3年生まで 全額助成 全額助成 全額助成
小学4年生から中学3年生まで
(令和元年10月以降)
1回あたり500円を越えた分を助成
全額助成 全額助成

通院にかかった医療費は500円を超えた分が全て助成されるぞよ。お薬代は全額助成されるぞよ。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども育成部 子育て支援課 子育て推進担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る