現在の位置:  トップページ > くらし > 子育て > 保育園 > 公立保育園における施設型給付費について


ここから本文です。

公立保育園における施設型給付費について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1032516  更新日  平成30年12月21日

公立保育園における施設型給付費について

 保育所を運営するための費用は、利用者負担額(保育料)等だけでは運営することができません。
 そのため、平成26年度までは、不足する部分については、様々な補助金の交付等で保育所の財政支援を行っていました。平成27年度から、子ども・子育て支援新制度が始まり、財政支援の制度として「施設型給付」が創設されました。
 この「施設型給付」の額は、国が定めた子ども一人あたりの教育・保育に通常要する費用(公定価格)から、国の定める範囲内で市が定めた利用者負担額を差し引いた額となっています。
 給付については、利用者への個人給付を基礎としていますが、確実に保育に要する費用に充てるため、各施設が利用者に代わり受領するという「法定代理受領」の仕組みをとっています。

法定代理受領の仕組みイメージ

 公立保育園の場合、「施設型給付」の支給元と受領先がともに「茅ヶ崎市」となります。
 そのため、公立保育園の運営経費のうち利用者負担額(保育料)等だけでは不足する部分を、税などの一般財源を充て、「施設型給付」を支給・受領していることとしています。

 また、法定代理受領をしたときは、そのことを保護者の皆様にお知らせする必要があります。
 茅ヶ崎市では、このページにおいて、皆様に「施設型給付」に関してお知らせすることで、茅ヶ崎市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例(平成26年10月1日条例第48号)第14条第1項の規定による通知に代えさせていただきます。

 

施設型給付費について(平成29年度)

平成29年度給付額

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども育成部 保育課 管理整備担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る