現在の位置:  トップページ > くらし > 国民年金 > 国民年金に加入する人 > 任意加入被保険者


ここから本文です。

任意加入被保険者

ページ番号 C1004114  更新日  平成28年6月2日

国民年金の適用から除外されている人が、本人の希望で国民年金に加入出来る制度です。

任意加入出来る人

日本国内に住所のある被用者年金制度の老齢(退職)年金を受けられる20歳以上60歳未満の人
日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の人
日本国籍を有する海外在住の20歳以上65歳未満の人(第2号、第3号被保険者を除く)
(注釈) 海外に住民票を移していること
65歳に達しても年金受給権が足りない人(昭和40年4月1日以前生まれの人に限る)

(注釈) 60歳以降の任意加入の受付は、60歳の誕生日の前日からになります。その日よりも前には受付できませんので、ご注意ください。

保険料額

定額保険料: 平成27年度 1か月 15,590円
        平成28年度 1か月 16,260円
付加保険料: 1か月400円

いずれも第1号被保険者と同じです。

60歳を過ぎても引き続き加入したいとき

市役所年金担当へ届け出が必要です。なお平成20年4月より、保険料の納付は原則として口座振替となりました。

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 預金通帳または貯金通帳
  • 印鑑(通帳届出印)

注意: 65歳に達しても年金受給権が足りない人(昭和40年4月1日以前生まれの人に限る)の場合は、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等が必要になります。

海外に転出した後も引き続き加入したいとき

任意加入の届出が必要になりますので、市役所保険年金課年金担当まで手続きをしてください。
納付などのために、日本国内に協力者が必要です。

(注釈) 海外から転入したときは、任意加入から強制加入への切り替えが必要です。市役所保険年金課年金担当で手続きをしてください。

日本国内に親族がいる場合

親族が協力者になります。市役所保険年金課年金担当へ届け出してください。

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑

日本国内に親族がいない場合

日本国内における最後の住所地を管轄する年金事務所が届出先になります。

任意加入をやめるとき

市役所保険年金課年金担当へ届け出が必要です。

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑

注意: 65歳に到達した場合や喪失予定月に到達した場合など、届け出が不要の場合もありますので、市役所保険年金課年金担当までお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 保険年金課 年金担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1197
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る