現在の位置:  トップページ > くらし > 国民健康保険 > 特定健診・特定保健指導 > 生活習慣を確認しよう


ここから本文です。

生活習慣を確認しよう

ページ番号 C1013710  更新日  平成27年8月24日

あなたの生活習慣をチェックしてみましょう!

下記の全25項目の質問から「はい・いいえ」のどちらかを選んで、最後に「いいえの数の合計」をクリックしていいえの合計を出してから、下記の結果説明をご覧ください。

体重   1 体重は毎日、腹囲は少なくとも1回は測るようにしている   はい いいえ
  2 体重と腹囲の記録をしている                はい いいえ
運動   3 1日8,000~10,000歩以上歩くようにしている   はい いいえ
  4 速歩で、週150分(1日合計30分×5日)以上歩くようにしている   はい いいえ
  5 普段から歩くように心掛け、できるだけ階段を使うようにしている   はい いいえ
  6 仕事や家事で、体を動かす機会を多くしている   はい いいえ
  7 スクワット、腕立て伏せ、ダンベル体操などの筋力トレーニングを習慣にしている   はい いいえ
  8 食事は満腹になるまで食べないようにしている   はい いいえ
  9 食事はよくかんでゆっくり食べるようにしている   はい いいえ
 10 食事は1日3回とし、間食や夜食はとらないようにしている   はい いいえ
 11 寝る前は少なくとも2時間以上、何も食べないようにしている   はい いいえ
 12 揚げ物や炒め物は頻度が多くならないようにしている   はい いいえ
 13 脂身の多い肉は控えている   はい いいえ
 14 マヨネーズやドレッシングはかけ過ぎないようにしている   はい いいえ
 15 野菜、海藻、きのこ類は気をつけて毎食とるようにしている   はい いいえ
 16 漬物、つくだ煮や濃い味付けの物はあまり食べないようにしている   はい いいえ
 17 麺類の汁は、いつも半分は残すようにしている   はい いいえ
 18 缶コーヒー、炭酸飲料、ドリンクなどの砂糖入りの飲料はほとんど飲まない   はい いいえ
飲酒  19 お酒は適量を守り、飲み過ぎないようにしている   はい いいえ
 20 週に2日は、「休肝日」をつくっている   はい いいえ
 21 お酒を飲むときのつまみが、多くならないように気をつけている   はい いいえ
 22 晩酌は早く切り上げるようにしている   はい いいえ
休養  23 睡眠不足はない   はい いいえ
 24 ストレスをためることは少ない   はい いいえ
喫煙  25 たばこは吸わない   はい いいえ
合計

(注)いいえの数が多いほどメタボリックシンドロームになりやすい生活習慣を送っています。

いいえの数の合計が0~5個の人

生活習慣病にかかる危険性  

全般的に生活習慣病予防に配慮できています。

今後も油断しないで、今のペースを崩さず、良い生活習慣を維持してくださいね!

いいえの数が6~11個の人

生活習慣病にかかる危険性  

生活習慣が乱れてきていませんか?忙しさなどで自らの生活習慣に配慮が少なくなってきているようです。

いいえの数が12~17個の人

生活習慣病にかかる危険性  

気を引き締めて生活習慣の改善に取り組みましょう。全般的に望ましくない生活習慣です。

まずはできるところから生活習慣改善に取り組みましょう。

いいえの数が18個以上の人

生活習慣病にかかる危険性  とても大

運動・食事・喫煙・飲酒など、望ましくない生活習慣のため、生活習慣病にかかる確率がとても高くなっていますよ。

次の「生活習慣病を予防しましょう」をよく読み、今すぐ生活習慣の改善に取り組みましょう。

生活習慣病を予防しましょう。

1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ  良い生活習慣は気持ちがいい。

この標語は生活習慣病予防のために、2005年に厚生労働省から出されました。生活習慣病の予防や治療段階において、とても大切なポイントとなります。良い生活習慣を継続し、大きな病気にかからないように予防していきましょう。

運動

運動習慣を身につけよう。

 

 内臓脂肪を減らすためには、日頃から体を動かす習慣を身に付けておくことが大切です。
活発な身体活動を行うと、消費エネルギーが増え、代謝が活性化することにより、血糖や脂質がたくさん消費されるようになり、内臓脂肪も減少しやすくなります。
 その結果、血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防につながります。
 また、運動によって体力が向上したり、転びにくくなるなどの効果もあります。
 手軽にできる運動は「歩くこと」です。一日の目標歩数は約1万歩ですが、日常生活で意識していない歩数が2000歩から4000歩あります。体調に合わせて500歩(約5分)、1000歩(約10分)と歩数を増やしてみましょう。
 みなさんが知っているテレビ体操やラジオ体操も、しっかり行えば筋力や柔軟性が向上します。


食事

 食べ過ぎや欠食などの乱れた食生活は、内臓脂肪をためる原因になります。これを防ぐには、食生活が欠かせません。バランスのとれた適切な量の食事を心掛けるとともに、食事をする時間や食べ方などにも注意し、1日3食規則正しく食べましょう。

食事

食事の疑問

禁煙

 喫煙は、血管収縮や血行不良などで血管を傷つけます。そのため脳卒中、心筋梗塞などの重篤な病気になるリスクをかなり高めます。またそれ以外にも、がん慢性気管支炎や肺気腫などの様々な病気の危険因子となります。禁煙するには、本人の努力だけでなく、まわりの人のサポートも大切です。

飲酒

少量であれば、健康に良い影響を与えると言われているお酒も、飲み過ぎると脂肪肝、肝炎、肝硬変を起こしたり動脈硬化を促進します。飲み方を工夫してみましょう。

お酒

  • ビールなら中ビン1本(500ミリリットル)
  • 日本酒なら1合(180ミリリットル)
  • ワインならグラス2杯(200ミリリットル)
  • 焼酎なら0.4合(80ミリリットル)
  • ウイスキーならダブル1杯(60ミリリットル)

 1日にこれらのどれかひとつです。

クスリ

 「クスリを飲めば安心」ではなく、生活習慣の改善をあわせることで、クスリの効果は効率的になります。これ以上クスリを増やさないためにも、生活習慣を見直しましょう。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 保険年金課 給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1197
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る