現在の位置:  トップページ > くらし > 国民健康保険 > 保険料 > 保険料の納め方


ここから本文です。

保険料の納め方

ページ番号 C1004056  更新日  平成29年1月25日

 保険料は、他の市区町村から転入してきたときや職場の健康保険などをやめたときなど、国民健康保険の資格を得た月の分から納めていただきます。
 届け出が遅れた場合も、加入資格を得た時点にさがのぼって保険料を納めます。

(注)届け出をしたときからではありませんので、ご注意ください。

保険料の納付義務者は世帯主です

 国民健康保険では一人ひとりが被保険者ですが、加入は世帯ごとになります。
 世帯主が勤務先の健康保険等の別の健康保険に加入している場合でも、世帯の誰かが国民健康保険に加入していれば、世帯主が納付義務者となります。

保険料の納め方

 保険料の納め方は年齢によって異なります。

40歳未満の人の納め方

40歳未満の図

 医療給付費分(医療分)と後期高齢者支援金等分(後期分)を国民健康保険料として納めます。


40歳以上65歳未満の人の納め方

40歳以上65歳未満の図

 医療給付費分(医療分)と後期高齢者支援金等分(後期分)に介護納付金分(介護分)(注)を合わせて国民健康保険料として納めます。
 年度の途中で65歳になったときの介護納付金分は、65歳になる前月(1日が誕生日の方はその前々月)までを国民健康保険料として納めます。

(注)40歳以上65歳未満の方は、介護保険第2号被保険者となり、その保険料は国民健康保険料に含めて納めていただきます。


65歳以上75歳未満の人の納め方

65歳以上の図

 医療給付費分(医療分)と後期高齢者支援金等分(後期分)を国民健康保険料として納めます。
介護保険第1号被保険者となり、介護保険料を国民健康保険料とは別に納めます(注)。

(注)介護保険料は原則として年金から差し引かれます。介護保険料に関しては、高齢福祉介護課保険料担当へお問い合わせください。


75歳以上の人の納め方

 後期高齢者医療制度の被保険者となり、国民健康保険から脱退となります。保険料は後期高齢者医療制度にて納めていただきます。後期高齢者医療制度に関しては、保険年金課後期高齢者医療保険担当へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 保険年金課 保険料担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1197
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る