現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者会見 > 平成29年11月22日発表 市立病院医薬品横領事件調査委員会の報告について


ここから本文です。

平成29年11月22日発表 市立病院医薬品横領事件調査委員会の報告について

ページ番号 C1027545  更新日  平成29年11月22日

記者発表

茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件について、被害額の確定や事件の原因究明、今後の対策などを所掌として、平成29年9月12日に茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会を発足させました。委員会の開催経過等については、次のとおりです。

1 委員会開催の経緯

(1)第1回茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会

開催日

平成29年10月12日(木曜日)

議題

茅ヶ崎市役所本庁舎5階市長応接室

出席者

(1) 調査委員会の設置目的及び所掌について

(2) 市立病院医薬品横領に関する刑事事件経過について

(3) 検証事項及び役割について

(4) 今後のスケジュールについて

概要
議題の内容について確認

(2)第2回茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会

開催日

平成29年11月9日(木曜日)

議題

(1) 平成27年度医薬品調査について

(2) 茅ヶ崎市立病院医薬品横領に関する被害額について

(3) 茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会における検証事項について

報告内容

(1)当初、元職員が平成27年頃から横領を行っていたと供述していたため、平成27年度中の医薬品につき、市立病院が医薬品の払い出し情報と保険請求データとの照合を行い調査した結果(別紙1のとおり)、平成27年度における不自然な支払いについてなかったとの報告。

(2)元職員の供述と調査結果が合わないことについて、10月19日及び11月2日に市立病院事務局職員が元職員と面会した。第3回公判で検察官が医薬品の横領を平成28年8月からと説明していたことについて、2年前から持ち出したという元職員の供述と異なることを指摘すると、「初めの頃は動揺していて、平成27年度から横領を行っていたと言ってしまったが、本当は、平成28年度からである。」と聴き取った。

(3)元職員の通帳により、平成27年度は医薬品を売却し得た利益を入金した痕跡がない。

概 要

(1)上記状況報告により、平成27年度における不自然な支払いについてなかったことを調査委員会として確認

(2)当委員会とは別に、市立病院が元職員に対して被害額(資料-2のとおり)の弁済を求めることを決定

(3)当委員会における今後の検証事項を確定(別紙2のとおり)

2 茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会の今後のスケジュール(予定)

29年12月
・第3回茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会
・市長へ中間報告
・危機管理対策検討会議
・全員協議会での報告
30年 1月
・第4回茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会
30年2月
・第5回茅ヶ崎市立病院医薬品横領事件調査委員会
・市長へ最終報告
30年3月
・危機管理対策検討会議
・全員協議会での報告
・職員への周知(庁内通知、研修)

問い合わせ

市民安全部防災対策課 危機管理担当課長 菊池修
電話0467(82)1111 内線 1468

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る