現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者会見 > 平成29年11月22日発表 茅ヶ崎市と茅ヶ崎市シルバー人材センターが空き家の管理等に関する協定を締結!住まいの相談窓口は茅ヶ崎市シルバー人材センターがお手伝いします!


ここから本文です。

平成29年11月22日発表 茅ヶ崎市と茅ヶ崎市シルバー人材センターが空き家の管理等に関する協定を締結!住まいの相談窓口は茅ヶ崎市シルバー人材センターがお手伝いします!

ページ番号 C1027520  更新日  平成29年11月22日

記者発表

年々増加傾向にある市内の空き家の適切な管理を促進するため、公益社団法人茅ヶ崎市シルバー人材センターと新たに「茅ヶ崎市「住まいの相談窓口」に関する協定」を締結します。

協定締結式の概要 

日時

平成29年11月22日(水曜日)13時45分から14時まで(予定)
(注)定例記者会見終了後に締結式を行います

場所

茅ヶ崎市役所本庁舎5階市長応接室

出席者

公益社団法人茅ヶ崎市シルバー人材センター 理事長 田中 敏博(たなか・としひろ)氏
茅ヶ崎市長 服部 信明

協定締結の背景

市では、平成29年1月に住まいに関してお困りの方の要望やお悩みを伺い、適切に対応するため、都市政策課に「住まいの相談窓口」((注)1)を設置しました。また、同年4月に「茅ヶ崎市空家等対策計画」を策定し、空き家の発生予防、適切な管理の促進および利活用の促進に関する各種施策を進めてきました。
市内の空き家((注)2)の所有者等の中には、転勤等で遠方にお住まいの方も多く、管理が難しい場合もあります。空き家の管理が行き届かなくなることを防ぐための体制を構築するため、今回の協定締結を行うことになりました。
 

(注)1 住まいの相談窓口への相談件数は、平成29年10月末現在で71件でした。居住支援に関する相談が最も多い中、空き家に関する相談も10件程度ありました。
(注)2 平成27年度に茅ヶ崎市空き家実態調査を実施し、市内の空き家と想定する物件は1358件との調査結果でした。

今回の協定締結により期待される効果

協定締結により、これまでの「住まいの相談窓口」の相談機能に加えて、空き家の管理、除草・植木の剪定等にも対応できるようになり、市内の空き家の適切な管理が促進されることが期待されます。

協定内容

  1. 空き家管理(茅ヶ崎市シルバー人材センター)の業務内容
    空き家の現状確認(建物の確認・ポスティングチラシの回収など)
    空き家の除草・植木の剪定作業など
  2. 市が行う業務
    市内にある空き家の所有者等から、空き家の管理、除草・植木の剪定等の相談が寄せられた場合には「住まいの相談窓口」を通じて公益社団法人茅ヶ崎市シルバー人材センターへ対応を依頼します。
    市ホームページ、チラシ等を通じて「住まいの相談窓口」をPRします。

問い合わせ

都市部都市政策課 課長 関野達夫
電話0467(82)1111 内線 2349

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る