現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者発表 > 平成30年1月12日記者発表 消防職員の処分について


ここから本文です。

平成30年1月12日記者発表 消防職員の処分について

ページ番号 C1028474  更新日  平成30年2月8日

記者発表資料

地方公務員法第29条に基づき、平成30年1月12日付けで次のとおり処分を行いました。


 

該当職員

  • 所属 消防署消防指導課(事故当時警備第二課鶴嶺出張所勤務)
  • 階級 消防士
  • 職名 主事
  • 性別 男性
  • 年齢 21歳

 

処分に関わる事故の概要

平成29年12月15日午後11時25分頃、神奈川県足柄上郡大井町の国道255号で、パトカーに追跡されて事故を起こした酒気帯び運転の乗用車に、当該職員が同乗していました。乗用車は赤信号を無視して交差点に進入、別の乗用車と衝突し運転していた63歳女性が死亡しました。
 

処分内容

停職6か月(同日付で依願退職)
 

処分理由

今回の事案は、市民の生命と財産を守る使命を持つ消防職員が、死亡事故を起こした酒気帯び運転の車に同乗していたものです。本人からの聴き取りで、事故後その場を立ち去ったことが分かりました。現在、事故の詳細については警察で捜査中ではありますが、当該職員の行為は、全体の奉仕者である公務員としてあるまじき行為であり、市民の信頼を著しく損なうものです。そのため、本市の条例で定めた停職期間として最も重い処分としました。
 

管理監督職の処分

事故を起こした酒気帯び運転の車に同乗していた部下に対する管理監督責任のため、次のとおり職員の処分を行いました。
消防長:口頭訓告
消防署長:口頭訓告
警備第二課長:口頭訓告
警備第二課鶴嶺出張所 所長(主幹):文書訓告
警備第二課鶴嶺出張所 小隊長(課長補佐)2人:文書訓告
 

市長コメント

生命を守ることを使命としている消防職員が、命が奪われた事故の現場にいたにもかかわらず、何の対処もできなかったことは誠に遺憾であります。
あらゆる場面において公務員として担うべき使命感を持つよう、職員の意識改革に取り組んでまいります。

問い合わせ

消防次長兼消防総務課 課長 高木邦喜
電 話 0467(82)1111内線4111
総務部職員課 課長 木村英知
電 話 0467(82)1111内線2519
 

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る