現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者発表 > 平成29年12月19日記者発表 介護サービス利用者に関する情報を記載した書類等の散乱と回収について


ここから本文です。

平成29年12月19日記者発表 介護サービス利用者に関する情報を記載した書類等の散乱と回収について

ページ番号 C1027964  更新日  平成29年12月19日

記者発表資料
 

平成29年12月18日12時30分頃、市民から介護サービス相談員派遣事業に関するチラシ等が散乱しているとの情報提供があったため、市職員が直ちに現地に赴いたところ、散乱しているチラシ等の中に個人情報が記載された書類を発見し、回収するという事案が発生しました。チラシ等は、介護サービス相談員(以下「相談員」)が事案発生当日の訪問活動のために持参していたものです。
経過及び本市の対応については、次のとおりです。

 

1 市職員が回収した書類に記載されている個人情報

介護サービス利用者10人分の氏名、住所、電話番号、サービス区分

2 経過

・12月18日12時30分頃
市内南湖二丁目付近に介護サービス相談員派遣事業に関するチラシ等が散乱しているとの情報提供を市職員が電話で受けました。
・12時45分から13時頃
市職員が現地に赴き、散乱しているチラシ等を回収したところ、チラシ等の中に、当日訪問予定の介護サービス利用者の一覧(10人分)が見つかりました。
・12時50分頃
回収したチラシ等の中に訪問活動中の相談員の氏名が記されていた書類があったため、当該相談員に連絡を取り、現地に招集しました。
・13時過ぎ
当該相談員が現地に到着したので、相談員が持参した書類等と市職員が回収した書類等の突合を行ったところ、個人情報が記載された書類は2枚であり、全て回収できていることが確認できました。

3 原因

道路上に散乱した経緯は明らかではありませんが、個人情報が記載された書類等をカバン等に入れるなどして携帯していない様子から、訪問活動をする際に個人情報の管理が不十分であったことが原因です。
 

4 再発防止に向けて

相談員全員に対して、個人情報が記載された書類等の管理については細心の注意を払うよう徹底させるとともに、訪問活動の際には、個人情報の持ち出しを最低限度とするよう改めて指導します。
 

5 市長コメント

このたびは、このような事案が発生し、市民の皆様にご心配をお掛けしたことを深くお詫びいたします。改めて個人情報の管理を徹底するとともに慎重に取り扱うよう指導し、再発防止に努めてまいります。
 

介護サービス相談員とは

介護サービスを利用する方等の疑問や不安を解消するため、市が依頼する介護サービス事業所や利用者のご自宅等を二人一組で訪問して話を聞き、相談に応じる等の活動を担っています。現在、市長が委嘱した16人の相談員が活動しており、任期は2年間です(再任可)。

問い合わせ

福祉部高齢福祉介護課 介護保険担当課長 田渕 明子
電話0467(82)1111 内線2139

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る