現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者発表 > 平成29年12月8日記者発表 七堂伽藍跡碑建碑60周年記念式典を開催します


ここから本文です。

平成29年12月8日記者発表 七堂伽藍跡碑建碑60周年記念式典を開催します

ページ番号 C1027813  更新日  平成29年12月8日

記者発表資料

七堂伽藍跡碑建碑(しちどうがらんあとひけんぴ)60周年記念事業実行委員会(会長 矢野福徳(やの・よしのり)氏)は、国指定史跡「下寺尾官衙遺跡群」の指定地に立つ「七堂伽藍跡碑」の建碑60周年をお祝いする記念式典を開催します。


 

1 式典の主旨

古代寺院の存在が明らかになる前に、下寺尾に寺院が存在したことを信じた地元有志と研究者が、調査によって遺跡が解明され次代に保存・継承されることを願って、昭和32(1957)年に七堂伽藍跡碑が建立されました。建碑から58年後の平成27(2015)年3月10日、建碑者の想いは下寺尾官衙遺跡群の国史跡指定となって結実しました。そして本年は国史跡となって初めての節目の年となります。
そこで、地域の有志が実行委員会を組織し、建碑関係者のご親族をお招きして建碑60周年の記念式典を開催し、先人の想いを再確認するとともに、史跡の保存活用を未来に継承する機会とします。
 

2 記念式典の概要

日時
平成29年12月16日(土曜日)10時~12時
会場
めぐみの子幼稚園駐車場(茅ヶ崎市下寺尾169)
主催

七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業実行委員会

内容
・開会あいさつ
・来賓あいさつ(茅ヶ崎市長、寒川町長ほか)
・七堂伽藍跡碑の解説(市教育委員会)
・史跡保存趣意書の朗読
・学習発表(小出小学校6年生)
・民話「七堂伽藍」朗読(茅ヶ崎民話の会)
・講談「七堂伽藍跡碑」(講談師:神田山吹)
・閉会あいさつ
 記念撮影
その他
 
・一般の方も参加が可能です。(申し込み不要。公共交通機関をご利用ください。)
・会場で小出地区まちぢから協議会による記念グッズや飲食品などの販売が行われます。

3 七堂伽藍跡碑の概要

建碑日
昭和32年12月15日
 
仕様
石質:新小松石 産地 小田原 規格:高さ325センチメートル、幅44センチメートル、厚さ24センチメートル
揮毫:内山岩太郎(神奈川県知事)
碑文撰文 :鶴田栄太郎
碑文
「前略 今回我等が建碑の趣意は是等の貴重な資料の保存と
今後研究家の訪れるのを待つ為に他ならない。 後略」

当日会場に取材に来られる場合は、12月15日(金曜日)までに茅ヶ崎市社会教育課にご連絡ください。

問い合わせ

教育推進部社会教育課 史跡・文化資料館整備担当課長 石井 亮
電話0467(82)1111 内線3348
 

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る