現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者発表 > 平成29年9月28日記者発表 「いざ、その時に備える。」美住町自治会が小和田公民館敷地内に防災井戸を掘削設置します


ここから本文です。

平成29年9月28日記者発表 「いざ、その時に備える。」美住町自治会が小和田公民館敷地内に防災井戸を掘削設置します

ページ番号 C1026683  更新日  平成29年9月29日

記者発表資料
 

市内美住町自治会は、子どもたちの登下校の見守りや毎月の夜間パトロールなど地域の安全活動とともに、災害時の減災に向けて、自主的な防災訓練や火を使わない災害時に役立つ料理教室など、さまざまな活動に取り組んでいます。
このたび、活動の一環として、手動式の井戸を小和田公民館敷地内に掘削設置するにあたり、除幕式を取り行います。

1 除幕式

日時
平成29年10月1日(日曜日)13時30分~14時00分
場所

小和田公民館(美住町6番20号)北西倉庫横(北側駐輪場前)

出席者

<主催者>

美住町自治会 会長 朝岡 通光

<来賓>

茅ヶ崎市 市長 服部 信明

教育長 神原 聡

防災井戸概要

今回設置する井戸は、幅約70cm、高さ約90cm。深さ約8mを掘削し、地下水を手動式のポンプで吸い上げます。市内の公民館に井戸が設置されたのは初めてのこと。「防災用だけではなく、公民

館の庭の植木や花々、畑の散水にも日頃から役立てて欲しい」との思いで美住町自治会が設置しました。現在、公民館の裏庭では、さつまいの収穫が間近。秋の秋桜などの花々への散水を予定しています。

2 その他

取材をご希望の際は、9月30日(土曜日)までに小和田公民館にご連絡ください。 

問い合わせ

教育推進部小和田公民館
担当課長兼館長 山田佳世恵
電話0467(85)8755

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る