現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者発表 > 平成29年9月14日記者発表 大規模火災を想定した消防団の訓練を実施します!~我がまちを大規模火災から守るために~


ここから本文です。

平成29年9月14日記者発表 大規模火災を想定した消防団の訓練を実施します!~我がまちを大規模火災から守るために~

ページ番号 C1026455  更新日  平成29年9月15日

茅ヶ崎市記者発表資料
 

茅ヶ崎市消防本部と消防団は、震災などによる大規模火災を想定した訓練を実施します。消防団員を対象とした火災想定訓練は、毎年テーマを変えて実施していますが、今年度は大規模災害時に消火用水が不足することを想定し、自然水利(海、川など)から消防団員が長距離の送水を行い、その水源を利用して消防団員と消防職員が協力し延焼阻止隊形を組み放水を行います。大規模災害時に有効と考えられる長距離送水技術の向上を図るとともに、消防団員と消防職員との連携強化を図ることも訓練の目的としています。

日 時

平成29年9月24日(日曜日)8時30分~17時00分

(注)午前、午後の2部制

(注)雨天決行としますが、市内で警報などが発令された場合は中止

場  所

相模川流域下水道左岸処理場(茅ヶ崎市柳島1900番地)

対 象

市内全消防団員(9月1日現在実員407人)

消防署職員(消防隊6隊)

(注)災害を考慮し時間ごとに地区を分散して集合

概 要

(1)長距離送水

消防団4個分団が協力(ポンプ同士の連結など)し、自然水利より防火水槽へ長距離送水を実施します。

(注)訓練は4個分団を1グループとして、8グループで順番に実施

(2)延焼防止放水

消防職員、消防団員が連携して隊形を組み放水し、延焼防止を目的とした噴霧水の壁を作成します。

問い合わせ

消防本部警防救命課 参事兼課長 鯨井 久生
電話 0467(85)9945

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る