現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者発表 > 平成29年9月1日記者発表 防災の次世代を担う中学生の取組みが地域の活力に!「湘北地区防災“も”まちづくりシンポジウム」を開催


ここから本文です。

平成29年9月1日記者発表 防災の次世代を担う中学生の取組みが地域の活力に!「湘北地区防災“も”まちづくりシンポジウム」を開催

ページ番号 C1026332  更新日  平成29年9月1日

記者発表資料

平成28年度に湘北地区では、中学生が主体となって「地域住民主体の防災まちづくり」を目的に「湘北地区防災“も”まちづくりワークショップ」を市と協働で合計4回実施しました。このワークショップの取り組みを広く共有し、今後の地域内の防災活動をさらに促進させるために、「湘北地区防災“も”まちづくりシンポジウム」を地域主催で開催します。

湘北地区防災“も”まちづくりシンポジウム概要

日時
平成29年9月16日(土曜日)9時30分から12時30分
場所
香川公民館(香川一丁目11番地1号)講義室
コーディネーター 
東京大学 生産技術研究所 准教授 加藤孝明(かとう・たかあき)氏
内容 
  • 加藤准教授による基調講演
  • 中学生によるワークショップ報告
  • 「アクションプログラムイチオシ!企画」実施報告
  • 座談会

湘北地区防災“も”まちづくりワークショップとは

「地域住民が主体となり進める防災まちづくり」を推進するために、鶴が台中学校の生徒が地域の方と一緒になり平成28年10月から29年2月にかけて4回のワークショップを開催しました。東京大学生産技術研究所加藤准教授のコーディネートの下、鶴が台中学校生徒30人を中心に合計35人が参加し、中学生がこれまで以上に湘北地区で防災活動に自発的に取り組むきっかけとなりました。

主な内容

  • まちあるき(地域点検)、体験学習(火災体験等)
  • 地域住民主体の防災まちづくりに向けてのグループワーク
  • 地域でできる具体的な取り組みの検討

問い合わせ

都市部都市政策課 課長 関野 達夫
電話 0467(82)1111 内線2349

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る