現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者発表 > 平成29年8月1日記者発表 第23回夏季デフリンピック競技大会女子バレーボールで金メダル!女子代表チーム 茅ヶ崎市在住の長谷山優美選手が市長を訪問します


ここから本文です。

平成29年8月1日記者発表 第23回夏季デフリンピック競技大会女子バレーボールで金メダル!女子代表チーム 茅ヶ崎市在住の長谷山優美選手が市長を訪問します

ページ番号 C1025547  更新日  平成29年8月1日

記者発表資料

平成29年7月28日にトルコのサムスンで行われた第23回夏季デフリンピック(注)競技大会サムスン2017女子バレーボール決勝で、日本代表はイタリアを下して金メダルに輝きました。選手団の一人で、本市在住の長谷山優美さんが競技大会の報告のため服部市長を訪問します。

市長訪問日程

日時

平成29年8月4日(金曜日) 10時~10時15分

場所

茅ヶ崎市役所 市長応接室

出席者

バレーボール女子日本選手団 選手 長谷山 優美(はせやま ゆうみ)さん

茅ヶ崎市長 服部信明
(チームメイトで平塚ろう学校の同級生である中田美緒(なかた みお)さんも同席します)

金メダルまでの道のり

女子バレーボールの参加国は9カ国(ブラジル・カナダ・イタリア・日本・ポーランド・ロシア・トルコ・ウクライナ・アメリカ)で、予選は7月19日から始まり、日本は決勝を含む全7試合をストレート勝ちしました。その原動力となったのは長谷山さんを含む3人の高校生です。前回大会(2013年)では決勝で敗れて銀メダルとなったため、金メダルの獲得は2001年のローマ大会以来16年ぶりとなりました。

<ファイナルラウンドの結果>
対 ブラジル 3-0 (25-5,25-23,25-12)
対 ウクライナ 3-0 (25-18,25-23,25-20)
対 イタリア 3-0 (25-15,25-14,25-17)

長谷山選手のプロフィール

茅ヶ崎市在住
所属:神奈川県立平塚ろう学校 2年生
身長:165cm
ポジション:ミドルブロッカー、オポジット

長谷山さんは中学生で代表に加わっています。昨年、日本代表として第3回デフバレー世界選手権に出場し、世界第4位に貢献したため、茅ヶ崎市の特別表彰を贈っています。

(注)デフリンピックとは

聴覚障害者の世界規模スポーツ大会のことで、「デフ(聴覚障害者)」と「オリンピック」を組み合わせた言葉。障害者のオリンピックとしては4年に一度「パラリンピック」が開かれているが、聴覚障害者は参加が認められていない。他の障害に比べて身体能力が高いという理由である。一方で、バレーボールのような集団競技において、意志の疎通が重要となってくるため、オリンピックのようなレベルの高い大会への出場は困難になる。こうした中で、戦前より、「世界ろうあ者競技大会」を4年ごとに開催。2001年イタリア大会からIOC(国際オリンピック委員会)より承認を受け、「デフリンピック」に改称。

(一般社団法人 日本デフバレーボール協会のホームページより引用)

問い合わせ

文化生涯学習部スポーツ推進課 課長 大川哲裕
電話0467(82)7136

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る