現在の位置:  トップページ > くらし > 市民相談・消費生活 > 消費生活相談の事例及び対応方法 > 相談事例12 賃貸アパートの敷金のご相談


ここから本文です。

相談事例12 賃貸アパートの敷金のご相談

ページ番号 C1003882  更新日  平成27年9月15日

相談事例12 賃貸アパートの退去時に敷金が返還されない

事例

 6年住んだ賃貸アパートを退去する。敷金は20万円。原状回復費用と相殺され敷金が返ってこないと言われた。壁や床などにも特に傷もなく、原状回復に敷金全額が返ってこないとは思えない。不動産屋との交渉方法を知りたい。

センターでの処理

 国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を紹介、説明し、交渉の一助にしてみてはと助言しました。その他の情報の収集先として財団法人不動産適正取引推進機構を紹介するとともに、少額訴訟について情報提供しました。

今後のために!

 自然損耗については家賃に含まれており、貸し主負担が原則ですが、退去時のトラブルについてのご相談も多いです。思わぬ請求を受けないよう、契約書の特約をよく読んでから契約しましょう。入居時に写真を撮っておくと後々に役立つこともあります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 市民相談課 消費生活センター
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-0151
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る