現在の位置:  トップページ > くらし > 市民相談・消費生活 > 消費生活相談の事例及び対応方法 > 相談事例10 結婚式の契約のご相談


ここから本文です。

相談事例10 結婚式の契約のご相談

ページ番号 C1003880  更新日  平成27年9月15日

相談事例10 結婚式の契約をしたが内容が説明と違う

事例

 結婚式場の模擬挙式に行き、終わった後見積書を提示され「本日中に契約すれば値引きする。希望日は今日契約しないとおさえられない」と言われ、模擬挙式と同じ内容で式を挙げられることを確認した上で契約し、15万円の申込金を支払った。後になり模擬挙式と同じ内容にするには追加費用が発生することが判明。解約を申し出たところ申込金は返金できないと言われた。返金してほしい。

センターでの処理

 相談者は事業者とのやりとりをメールに残していたため、それをもとに経緯と主張を文書にして代表者宛に出すよう助言しました。その後にセンターが事業者と交渉したところ、契約時の問題点を認め、申込金全額が返金されました。

今後のために!

 結婚式は人生の大切な節目です。契約する際はできれば複数の事業者の見積を取り、内容や契約書面についてもよく説明を受けた上で、慎重に検討するようにしましょう。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 市民相談課 消費生活センター
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-0151
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る