現在の位置:  トップページ > くらし > 市民相談・消費生活 > 消費生活相談の事例及び対応方法 > 相談事例2 催眠商法のご相談


ここから本文です。

相談事例2 催眠商法のご相談

ページ番号 C1003870  更新日  平成27年9月15日

相談事例2 催眠商法にご注意を!

事例

 買い物帰りに日用品の無料引換券を渡され、会場へ立ち寄った。無料で卵や日用品などを貰っているうちに、その場の雰囲気にのせられて、断り切れずに磁気付き高級敷き布団を契約してしまった。契約してしまったけれど解約したい。

センターでの処理

 契約書面を受け取った日から8日以内ならクーリング・オフが可能です。クーリング・オフ期限が過ぎてしまっても、契約の取り消しができる場合がありますので、消費生活センターへご相談ください。

今後のために!

 無料で日用品がもらえるからといって安易に会場へ出かけないようにしましょう。
 高齢者の被害が多く、本人の被害意識が低いことも特徴です。周りの方の見守りが大切です。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 市民相談課 消費生活センター
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-0151
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る