現在の位置:  トップページ > くらし > 市民相談・消費生活 > 消費生活相談の事例及び対応方法 > 相談事例1 送り付け商法のご相談


ここから本文です。

相談事例1 送り付け商法のご相談

ページ番号 C1003869  更新日  平成27年9月15日

相談事例1 申し込みをしたわけでもないのに海産物が届いた

事例

申し込みをしたわけでもないのに海産物が送られてきて、中には請求書も入っていた。頼んでもいないのに支払わなければいけないのでしょうか? 海産物ということもあって保管や返品をどうしてよいのかわからない。

センターでの処理

 送り付け商法と呼ばれる手口です。電話勧誘で一方的に承諾させたり、勝手に送り付けて代金を請求してきます。契約したわけではないので代金を支払う必要はありません。商品到着後14日間、業者に引き取りを要求してから7日間経過すれば、自由に処分してよく、返送義務も支払い義務も連絡義務もありません。

今後のために!

 電話勧誘で買うことを承諾してしまった場合でも8日以内であればクーリング・オフが可能です。
 食べてしまうと、支払いを求められたり、返金を拒まれる場合があります。
 不審に思った場合は受け取りを拒否してください。 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 市民相談課 消費生活センター
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-0151
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る