現在の位置:  トップページ > くらし > 市民相談・消費生活 > お知らせ > 電力の小売全面自由化に便乗したトラブルに注意してください!


ここから本文です。

電力の小売全面自由化に便乗したトラブルに注意してください!

ページ番号 C1016625  更新日  平成28年7月11日

 2016年4月より、電力の小売全面自由化が始まります。

 これまでは、電力の契約は各地域ごとの事業者との契約でした。しかし、電力の小売全面自由化により複数の様々な業種や業態の事業者の中から消費者が契約先を選択することが出来るようになります。

 「電気料金が安くなる」「電力の小売全面自由化の前に太陽光発電システムを設置し、売電すれば儲かる」といった事業者からの勧誘など、電力の小売全面自由化に便乗したトラブルの相談が独立行政法人国民生活センターにも寄せられています。

 「料金が安くなる」と勧誘された際には、「どのような条件で安くなるのか」「電力以外の商品やサービス契約とのセット料金や値引きになっていないか」「契約期間が長期なものになっていないか」「解約時に違約金が発生していないか」などを確認しましょう。

 電力の小売自由化に便乗した太陽光発電システムの契約をはじめ、プロパンガス、蓄電池等の勧誘が行われているので、その必要性についてよく考えてから契約をして下さい。

 契約などで不安に思ったときは、茅ヶ崎市消費生活センターにご相談ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 市民相談課 消費生活センター
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-0151
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る