現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 医療費等助成 > 不育症治療費の助成 > 不育症ご存じですか?


ここから本文です。

不育症ご存じですか?

ページ番号 C1004498  更新日  平成29年4月1日

不育症とは…

  妊娠はするものの、流産、死産や早期新生児死亡などを繰り返して、結果的に子どもを持てない場合を「不育症」と呼んでいます。厚生労働省研究班は、2回以上の流産、死産あるいは早期新生児死亡の既往がある場合を「不育症」と定義しています。まだ、認知度が低いうえ、自分でも不育症に気がつかない方も多く、気付いても相談や治療を受けるところがわからない方が多いのではないかと思います。

不育症の原因はさまざまです

  不育症の原因は、抗リン脂質抗体症候群、子宮の形が悪い子宮形態異常、凝固因子異常として第12因子欠乏症、甲状腺の異常、両親のどちらかの染色体異常などがありますが、検査をしても明らかな異常が判らない方が6~7割も存在します。原因がはっきりとした人は治療を行いますが、原因不明(偶発的な流産を繰り返したと思われる方)でも、何も治療をしなくても次回の妊娠で成功する確率が高いと言われています。原因は様々ですが、治療を行うことで80%以上の不育症の方が赤ちゃんを出産することができると言われていますので、不安や心配を抱えている方は専門医にご相談ください。

不育症の原因別割合

不育症Q&A

Q1 不育症の患者さんは全国で何人くらいですか?

厚生労働省研究班の調査では、妊娠経験者の4.2%に発生していることから、全国で140万人の患者さんがいるとみられています。

Q2 流産はどのくらいの頻度で起きますか?

年齢にもよりますが、妊娠の15%程度が流産になると言われています。

Q3 流産が起こるのはいつ頃が多いのですか?

妊娠12週未満の早期流産が大部分(全流産の約90%)です。

Q4 流産は年齢と関係しますか?

妊娠の年齢が高齢になると流産率が増加すると考えられています。特に母胎年齢が40歳以上になると流産の頻度が40~50%程度に増加します。

Q5 不育症でも妊娠、出産はできますか?

原因にもよりますが、最終的には80%以上の方が出産することができます。

Q6 不育症治療をして出産した場合、次の妊娠も不育症治療が必要となりますか?

原因にもよりますが、次の妊娠でも同じように治療が必要となる場合があります。

Q7 不育症について相談するにはどうしたらよいですか?

主治医の産婦人科医師にまずご相談ください。大学病院などで専門外来を行っている施設もあります。

不育症に悩む方への相談を、「神奈川県不妊・不育専門相談センター」 で行っています。

Q8 不育症について市での治療費補助はありますか?

茅ヶ崎市では、協力医療機関((注釈)1)で不育症の診断後に実施した治療および検査を受けられたご夫婦に対し、治療費の一部助成を行っています。
(注釈)1 厚生労働省不育症研究班に属する医師が所属する医療機関またはこれと同等の能力を有する医療機関であって、以下の条件をすべて満たす医療機関
    1.妊娠から出産までの継続した治療を行っていること
    2.妊娠期および出産後の母子のリスク管理ができること

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 健康増進課 こども健康・予防接種担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3331 ファクス:0467-38-3332

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る