現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 保健所政令市移行準備情報 > 市民説明会について > 保健所政令市移行シンポジウム~どう変わる?地域の健康づくり~


ここから本文です。

保健所政令市移行シンポジウム~どう変わる?地域の健康づくり~

ページ番号 C1023335  更新日  平成29年5月13日

イベントカテゴリ: イベント 講座・講演  ジャンル:福祉

(注)保健所政令市移行シンポジウムは終了しました。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

保健所政令市移行シンポジウム ~どう変わる?地域の健康づくり~ を開催します!

 茅ヶ崎市では、「だれもがいつまでも健康で安心して暮らせる地域づくり」を進めるため、29年4月に保健所政令市へ移行し、市保健所を拠点として、地域の実情に合った、よりきめ細かな保健衛生サービスを提供することを目指しています。
 移行まで1年となりましたが、「地域に根ざした保健所」や「これからの地域の健康づくり」などについて、市民の皆様にお伝えするため、シンポジウムを開催します。
 皆様のご来場をお待ちしております。

開催日
平成28年3月21日(月曜日) 14時から16時(13時30分開場)
会場

市役所本庁舎4階会議室2・3

交通

【お車でお越しの場合】
(1)市営茅ヶ崎駐車場(2)市役所駐車場(3)総合体育館駐車場(4)市民文化会館駐車場へ駐車いただいた場合、原則として1時間のみ駐車料金が無料となりますので、ご了承ください。
(注)特に配慮が必要な方につきましては、ご相談くださいますようお願いいたします。

内容

第1部 基調講演 「これからの健康長寿の地域(まち)づくり」

 水嶋 春朔 氏(横浜市立大学医学部社会予防医学教室教授)

第2部 パネルディスカッション

【パネリスト】水嶋 春朔 氏、堀 弘子 氏(神奈川県茅ケ崎保健福祉事務所保健福祉部長)、服部 信明(茅ヶ崎市長)

【ファシリテーター】一杉 かおる(茅ヶ崎市保健福祉部障害福祉課長)

講師

水嶋 春朔(みずしま しゅんさく) 氏
 横浜市立大学医学部社会予防医学教室教授。医師・医学博士。
 専門は循環器疾患・生活習慣病の疫学、予防医学、公衆衛生学、健康政策学。
 1987年横浜市立大学医学部卒業、同附属病院内科研修医、島根医科大学大学院博士課程修了、京都大学大学院人間・環境学研究科国際予防栄養医学講座助手、ロンドン大学客員研究員、横浜市立大学医学部公衆衛生学学内講師、東京大学医学教育国際協力研究センター講師、国立保健医療科学院人材育成部部長を経て、2008年6月より現職。
 厚生労働省 生活習慣病健診・保健指導の在り方に関する検討会委員、神奈川県生活習慣病対策委員会委員、同循環器疾患等分科会会長など行政関係委員経験多数。
【主要出版物】
・「予防医学のストラテジー:生活習慣病対策と健康増進」 医学書院、1998.
 Rose G(著)、曽田 研二/田中 平三(監訳)、水嶋 春朔、他(共訳)
・「地域診断のすすめ方:根拠に基づく生活習慣病対策と評価 第2版」 医学書院、2006.
 水嶋 春朔(著)

定員

200名〈申込制(先着)〉

費用

無料

託児

【保育ボランティアによる託児あり】
先着5名(1歳から未就学児の方のみとなります)
(注)ご希望の方は3月11日(金曜日)までにお申込みください

主催

茅ヶ崎市

申込み締切

平成28年3月18日(金曜日)

申込み

事前申込制(電話、ファクスまたは市ホームページの申込みフォームから)

その他

手話通訳・要約筆記もあります

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健企画課 保健企画担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3313 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る