現在の位置:  トップページ > 事業者の方へ > 入札・契約 > 工事契約関連情報 > 労務単価等の改定に伴う特例措置及びインフレスライド条項の適用について(平成29年3月更新)


ここから本文です。

労務単価等の改定に伴う特例措置及びインフレスライド条項の適用について(平成29年3月更新)

ページ番号 C1006993  更新日  平成29年3月13日

特例措置の実施とインフレスライド条項の適用について

 茅ヶ崎市は、「公共工事設計労務単価」及び「設計業務委託等技術者単価」を平成29年3月に改定しました。(以下「新労務単価」という。)

 新労務単価の適用に伴い、適切な価格での契約及び建設労働者等への適切な水準の賃金の確保を促進するため、請負代金額を変更できる特例措置を実施するとともに、賃金の変動等に対して茅ヶ崎市工事請負契約約款第25条第6項(インフレスライド条項)を適用します。

新労務単価の適用に伴う特例措置について

(1) 特例措置の対象工事と内容
 平成29年3月1日以降に契約を締結した工事及び委託業務のうち、旧単価を適用して積算した契約について、受注者からの請求により「新労務単価」に基づく請負代金額に変更できることとします。
(2) 変更の方法
 茅ヶ崎市は、受注者から請負代金額の変更についての協議の請求があった場合は、請負代金額の変更協議を行うこととなります。
(3) 請求期限
 当初契約に係る工期(履行期間末)の14日前まで
(4) 提出先
 財務部 契約検査課

賃金等の変動に対するインフレスライド条項の適用について

(1) 対象工事
 平成29年2月28日以前に契約した工事で、基準日以降の残工事期間が2ヶ月以上あるもので、かつ、残工事費が1%を超えて変動している工事。
(2) スライド額の請求
 残工事の工期が基準日から2ヶ月以上必要であることを留意のうえ請求し、協議により変更額を決定し契約を締結する。
(3)提出先
 財務部 契約検査課
 

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 契約検査課 契約担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る