現在の位置:  トップページ > 事業者の方へ > 入札・契約 > 入札・契約制度関連情報 > 令和元年度入札・契約制度等の改正について


ここから本文です。

令和元年度入札・契約制度等の改正について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1033651  更新日  令和1年5月1日

入札参加者登録申請業者の格付等級基準について

 工事の業種による格付等級基準を平成31年4月1日より次のとおりとします。
 なお、等級Eについては、廃止します。

1 土木一式工事

等級 点数
A 920点以上

B

720点以上920点未満
C 480点以上720点未満
D 480点未満


2 舗装工事

等級 点数
A 800点以上
B 670点以上800点未満
C 420点以上670点未満
D 420点未満


3 建築一式工事

等級 点数
A 960点以上
B 720点以上960点未満
C 540点以上720点未満
D 540点未満

契約規則(別表(第15条関係))について

契約規則 別表(第15条関係)を平成31年4月1日より次のとおりとします。
なお、等級Eについては、廃止します。

1 土木一式工事及び舗装工事

等級 発注工事金額
A 20,000,000円以上
B 10,000,000円以上150,000,000円未満
C 1,300,000円以上35,000,000円未満
D 5,000,000円未満

2 建築一式工事

等級 発注工事金額
A 30,000,000円以上
B 20,000,000円以上400,000,000円未満
C 1,300,000円以上70,000,000円未満
D 20,000,000円未満

 

低入札価格調査の対象となった者と契約する場合の付加要件について

低入札価格調査の結果、調査基準価格を下回る価格で応札した者と契約する場合の取り扱いについて、平成31年4月2日以降に公告を行う案件より次のとおりとします。

  1. 契約保証金
    契約金額の10分の3以上とします。
  2. 前払金
    契約金額の10分の2を超えない範囲内とします。
  3. 中間前払金
    契約金額の10分の1を超えない範囲内(前払金と合わせて契約金額の10分の3を超えることはできません。)とします。

建設工事における低入札価格調査基準価格の算出方法の改正について

次のとおり、低入札価格調査基準価格における算定割合を見直します。

内  容 算定割合の下限を「70%」から「75%」に、上限を「90%」から「92%」に改正
適用時期 平成31年4月2日以降の入札公告分から

「建設工事請負契約等に係る一般競争入札の事後審査制度」の本格実施について

 平成26年度より試行実施してきました、「建設工事請負契約等に係る一般競争入札の事後審査制度」については、令和元年度より本格実施に移行します。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 契約検査課 契約担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る