現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > ペット > 講演会および譲渡会 > 犬の譲渡会(平成29年10月29日実施)について


ここから本文です。

犬の譲渡会(平成29年10月29日実施)について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1027476  更新日  平成30年2月13日

平成29年10月29日に実施した譲渡会について

経緯について

この譲渡会は、10月上旬に飼い主から自身の体調不良により飼うことができなくなった30頭の犬を引き取ってほしいという御相談があったところから話が始まりました。

神奈川県動物保護センターの登録ボランティアの皆様が日々、譲渡に御尽力されていることは認識しておりましたが、収容先の神奈川県動物保護センターの犬舎は当時いっぱいであり、新たに30頭を十分な環境下で受け入れていただける状況ではありませんでした。

無理に受け入れていただくと、屋外での収容などが予想され、それまで冷暖房完備の環境で室内飼養されていた当該犬達は体調を崩してしまうことも考えられました。

そのような状況と、飼い主が世話できるのは月末までという条件の中で、犬達のことを考えての決断でした。

当日の譲渡先については、面談で飼育環境や家庭の状況等を聞き取り、譲渡後のリスクを十分に説明したうえで、それでも飼ってくださるという方に譲渡させていただきました。

なお、周知のチラシにおいて「殺処分を即再開せざるを得なくなります。」と記載しましたが、これはこの30頭の犬が県動物保護センターに収容されることで、センターの収容能力を超え、先に収容されている犬を殺処分せざるを得ない状況になるのではないか、また、この30頭の譲渡先がない場合、先々、センター内で死亡に至るのではないかということを懸念してのことでした。しかし、殺処分するかどうかの判断はあくまでも県の業務であり、行き過ぎた表現となりご迷惑ご心配をおかけしました。今後は注意をしてまいります。

関係団体の皆様へ

今回の譲渡会をとおして、動物愛護行政の発展のためには、日頃から関係団体の皆様との密な連携が大切であるということの認識を深めました。

関係団体の皆様の日々の活動に感謝するとともに、終生飼養の啓発等に努めてまいります。

しかしながら、万が一、同様の事例が起きてしまった場合には、御支援賜りますようお願いいたします。

譲渡結果について

当日、募集した26頭すべての譲渡先が決まりました。

(注)当日、体調不良と判断した4頭についても、後日(11月12日)開催の譲渡会に参加し、譲渡先が決まりました。

新しい飼い主様と譲渡犬の写真

譲渡先について

30頭みんなのおうちを訪問してまいりました。

みんなの写真
すっかり家族の一員です。

写真撮影会

11月12日の写真撮影会には急な告知にもかかわらず元気な顔を見せに5頭が来てくれました。

犬2頭の写真
11月12日の写真

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 衛生課 環境衛生担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3317 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る